2024年5月21日火曜日

「カッポ/カポ」

三条や四条あたりの街なかで飲んだ後に、歩いて帰宅することが割とある。先日も。ベースのじゅんです。

途中、尿意を催してトイレを探す、足が攣ってしゃがみこむ、階段を踏み外すなど、スマートではない。しかし、シティー・ボーイっぽく街を粋に闊歩したいとはあまり思わないです。
昼間も、平日はほとんど出歩かないし、休日の散歩はのんびりダラダラ歩くのがよいでしょう。

それはさておき、5月の晴れた日の散歩は気持ちよい。
苦手な春が過ぎて、好きな夏はゆっくりきてほしい、という絶妙な時季で、長く続くとよいなと思います。

いろんな花が咲いて虫たちが元気だ。
大型のハチが一直線に飛んでいく姿には素直に憧れたりもする。
近所をぶらついていると橋のたもとに生えているセンダンが花の盛りを迎えていたので、やや遠目に眺めるのが好みですが、至近距離から写真を撮ってみた。
センダンは、大きい木が鴨川沿いに、法務局、(元)銅駝美術高校、二条大橋の傍にもある。気になり始めたタイミングで、朝から街なか方面に用事があったので、通って行くことができました。

ふと、脳内でセンダンの所在を確認する過程が、飲み会からの帰宅ルート上にある公衆トイレの場所を思い浮かべるのと同じであることに気付く。分布の具合も似ているかもしれないなあ。


///当面のパイカス///
パイカス(PiCas)は、パイレーツ・カヌーの後ろの男3人で、方々に寄生しながら、ベス、サラ、キャッシーの育休復帰を待ちつつ活動中。

5/26(日)インキョカフェ(京都 一乗寺)
SUEMARR&PiCas
還暦を迎えたスーマーさんと。久しぶりに4人で。楽しみです。
歌い手はもちろんスーマーさんですが、パイカスだけが口を開けている写真があって面白い。これはコロナ前だな。撮ってくれたのは名古屋のなおみさんでしょう。
(2019.7.14@インキョカフェ)

6月は徳島へ。ウリョンくん(PAHUMA)に同行する予定。詳細は追って。


=追記=
“つれ・づれ”は、次回は6/18(火)ウーララ(京都 西院)の24周年イベント、これはモーラムセット(ピン、アコーディオン、ベース)で。イトチューくん(ドラム)が入ったトリオ編成では、7/13(土)@大粒の泪(堀川丸太町)、7/20(土)ウーララ(西院)。

“ぬかるみ天国”には、7/14(日)インキョカフェ(京都 一乗寺)に参加します。
先日の5/5(日)@三国ヶ丘FUZZ(堺)はヨッシー(パイカス)と一緒でした。ばっちりコーラス隊も入って、春一番と連チャンになる金子マリさんたちの露払い。
(photo by 山本さん)

ところで、ぬかるみ天国のアサキチさんはよいアコギをお持ちですが、カポも上等だそうで、その値段を聞いて驚いた。ふと、鉛筆をカポにしていたスリーピー・ジョン・エステスのレコジャケの写真を思い出す。・・ありました。

では、最後に。還暦間近な頃のダン・ヒックス。豪華なアルバムの終わりの方に入っている脱力な曲をリクエストしましょう。
Dan Hicks & The Hot Licks - I’ve Got a Capo on My Brain

2024年4月30日火曜日

「トラベリン・マン」

発熱した奥さまがプッチンプリンを所望されるので、気軽によしと引き受けて買いに出かけたのですが・・・。ベースのじゅんです。

生鮮館、グレース田中、コレモ、ライフ、フレスコ、アイハート、えびす屋といった、出町柳駅から半径600メートル圏内のスーパーを順に当たるも見つからず。ココカラファインにも。ファミリーマートやセブンイレブンにも。ない。

途中、早い段階で森永の焼プリンに方針転換しておけばよかったと後悔するも、ここまで来たのだからと諦めきれないのが人間の心理というもの。
さまよい歩くこと1時間あまり。変な汗をかく。

グリコのシステム障害の影響でプッチンプリンの出荷が止まっているとは露知らず。GW前の買い占めか、地域に異変が起きたのかと。グリコ・森永事件まで思い出した。
https://news.tv-asahi.co.jp/news_economy/articles/000346437.html

ダメ元で帰宅直前にウチから一番近いコンビニに寄ったら、プッチンプリン(Big)が2個残っていてホっとする。これを買い占めてなんとかミッション完遂。最後に笑えてラッキー。

しかし順番を誤ったなあ。大切なものが身近にあることを教えてくれたのはチルチルとミチルでしたっけ。

では。本日のリクエスト。
プリンを求めて歩き回ることをトラベルとは言わないし、ウチの奥さまはモリーじゃないけれど。パイレーツ・カヌーのエリザベスと岩城くんもお薦めのアルバムから、この曲を。エレクトリック・ムビラの音が心地よいです。
Joachim Cooder - Molly Married A Traveling Man



///当面のパイカス///
パイカス(PiCas)は、パイレーツ・カヌーの後ろの男3人で、方々に寄生しながら、ベス、サラ、キャッシーの育休復帰を待ちつつ活動中。

5/26(日)インキョカフェ(京都 一乗寺)
SUEMARR&PiCas
還暦を迎えたスーマーさんと。久しぶりに。楽しみだ。夜の7時半頃から。詳細は追ってお知らせします。

6月は徳島へ。ウリョンくん(PAHUMA)に同行する予定。これも詳細は追って。

<終了>
4/20(土)ムジカジャポニカ(大阪 梅田)
春のPiCas祭り~PAHUMA×田渕徹
PiCas、PiCas×田渕徹、PiCas×PAHUMAと、パイカス出づっぱり。
バックバンド冥利につきる、とてもいい夜。病み上がりの岩城くんもいい顔していました。
photo by はっちゃんさん
ご来場の皆さん、ムジカせえぽんはじめ関係者の皆さんに感謝です。
ウリョンくん(PAHUMA)の7インチEP(ドーナツ盤)リリースの日と重なりました。たくさん売れるといいな。たぶちくんの歌(2DK、LED・・)ともまた是非ご一緒したい。

4/24(水)インキョカフェ(京都 一乗寺)
Tim Easton Japan Tour 2024
19日にスタートしたティムの日本ツアーは確か昨日29日が最終日。お疲れさまです。同行のゴーティー松本さんも。これぞ、まさにトラベリン・マン。

京都インキョカフェでは、松本さんからリクエストのあった6、7曲をパイカスと演奏。もちろんティムのソロパフォーマンスもしっかり観れたし、歌もギターもとてもカッコよかった。

ヨッシーはティムとナッシュビルの帽子屋の話で盛り上がる。誕生日直前のティムは僕と同い年。そんな歳(?)で今年あと70数本のライブが既に決まっていることに谷くん(KENT VALLEY)が驚いていた。谷くんにも会えてよかったな。


=追記=
“つれ・づれ”は、次回は6/18(火)ウーララ(京都 西院)の24周年イベント、これはモーラムセット(ピン、アコーディオン、ベース)で。イトチューくん(ドラム)が入ったトリオ編成では、7/13(土)@大粒の泪(堀川丸太町)、7/20(土)ウーララ(西院)。

“ぬかるみ天国”には、5/5(日)@三国ヶ丘FUZZ(堺)にヨッシー(パイカス)と一緒に参加予定。その次は7/14(日)インキョカフェ(京都 一乗寺)にお邪魔します。

2024年4月7日日曜日

「ヒビ」

3月の末は気温が上がって桜も咲きだした。さすがにそんな週末は人出が多い。僕も昼下がりに散歩を兼ねて3ヶ月ぶりの散髪に行ってきました。熱いタオルとマッサージが好き。ベースのじゅんです。
京都御所(御苑)を突っ切って、木々を眺めながらてくてく行く。モクレンの花がみごと。

商店街に映画館ができてからずいぶん経ってしまった。平日の昼間におそるおそる入ってみた。遅ればせながら、評判の「Perfect Days」を見ることができました。

公園をまわってトイレ清掃をする平山氏は、昼の休憩タイムはいつも神社で馴染みの木を見上げる。そして木漏れ日をフィルムに記録する。

気になる木だったら僕にもあるなあ。


で、散髪の帰りは、また御所の中を、少し回り道をして大きなクスノキを見に行くことにした。

はみ出して切られることもなく四方八方に枝を伸ばす姿勢が好き。

気になるポイントは、砂利道の面スレスレまで枝が被さっているところ。

木陰が広いのだ。暑くなったら寝転びに来よう。

変調をきたしがちな時節柄、少しでもおおらかな気持ちで日々を過ごせますように。

では、本日のリクエスト。

Joseph Spence - I’m going to live that life 



///当面のパイカス///

パイカス(PiCas)は、パイレーツ・カヌーの後ろの男3人で、方々に寄生しながら、ベス、サラ、キャッシーの育休復帰を待ちつつ活動中。


4/20(土)ムジカジャポニカ(大阪 梅田)

春のPiCas祭り~PAHUMA×田渕徹

ウリョンくん(PAHUMA)、たぶちくん(田渕徹)、パイカスの三者で。パイカスは出ずっぱりになりそうです。たぶちくんとの共演は初、ウリョンくんとは2回目。楽しみだ。


4/24(水)インキョカフェ(京都 一乗寺)

Tim Easton Japan Tour 2024

ティムの6年ぶりの来日ツアー。京都公演は4/24(水)に一乗寺のインキョカフェにて。パイカスお伴します。谷くん(KENT VALLEY)の演奏もあります。京都の方(に限らず)是非!

その後は、5月に京都でスーマー×パイカスが決まっています。詳細は追って。



=追記=


“つれ・づれ”は、次回は4/12(金)ウーララ(京都 西院)にてイトチューくん(ドラム)が入ったトリオ編成で、ウーララ24周年イベントの6/18(火)はモーラムセット(ピン、アコーディオン、ベース)で。


“ぬかるみ天国”には、4/14(日)AZUL TERRACE(大阪 梅田)、5/5(日)@三国ヶ丘FUZZ(堺)に参加予定。7月は京都も。(3月の東京(下北沢、高円寺)2days、面白かったです。昼間に街中華で一杯やれたのも幸せな時間。僕だけ終電で京都に帰らなければならず高円寺に居座れなかったことが心残り。)

240317JIROKICHI  photo by ladyeriaさん
ぬかるみ天国の新作、LP『ぬかるみ三昧ライブ/アサキチ』&3rdCD『こけたらむけた/アサキチ』を僕も東京でいただきました。

「光と影」という曲がCDの方に収録されていて、映画「Perfect Days」を見ていたら、エンドロール後に出てくる「木漏れ日」(日本語)の解説にその言葉が使われていたので反応してしまった。

なんだか美しく響いたのでメモしておきます。


「風に揺れる木の葉によって生み出される光と影の揺らめきを表す日本語。それはその瞬間に一度だけ存在します。」

日々は唯一無二の瞬間の積み重ね。そのほとんどを忘れてしまうし、意味を求めるものでもないけれど。よい瞬間を多く感じられるとよいですね。


・・・映画館の向かいのスーパーでホタルイカとソラマメ を買って帰って一杯やりました・・、というのは、あまり瞬間っぽくないなあ。

2024年3月2日土曜日

「ウル・・」

今年は閏年。地球の公転周期とズレないように1年の日数を調整する必要があるので2月が1日長くなる。お得感があるようなないような。ベースのじゅんです。
調整日の2月29日を閏日(うるうび、じゅんじつ)という。じゅんの日なら機嫌よくしているのがよいでしょう。やなことはあっても。誕生月ですし。

さて、2月はライブがなかったので、忙しくなる前にと、個人名義のデモ音源(CD-R)を久しぶりに作りました。基本は、コロナ期にガレバンで作ってパイカス(PiCas)の岩城くんとヨッシーに送った曲ネタ(たまに採用あり)を整理しただけですが、なかなか面倒くさく、しかし楽しい作業。

改めて11曲(29分12秒)を通して聞くと我ながらかなり面白いと思える。まずは自分へのプレゼントとして成立。
で、聞いていただきたい方々にお渡しできるよう一応の体裁は整える。しかし、人に渡すときは、クォリティー云々というより、自分を晒すような恥ずかしさが込み上げるだろうなあ。


普通に売ろうと岩城くんは言うけれど。うぅむ。

ま、ライブのときに酒の足しにでもなればよいか。もし欲しい方がおられたら、引き換えに1杯おごってもらうくらいがちょうどよいかも。


では、せっかくなので、収録曲から1曲。

これは約20年前の音をそのまま入れたのでボーナストラック扱い。パイカスで時々演奏するようになるまで長らくお蔵入りしていた曲です。(やはり気恥ずかしい。いい加減な即席動画も。お許しを。)

JunB’s  -  も・ブルース



///当面のパイカス///
パイカス(PiCas)は、パイレーツ・カヌーの後ろの男3人で、方々に寄生しながら、ベス、サラ、キャッシーの育休復帰を待ちつつ活動中。


4/20(土)ムジカジャポニカ(大阪)

ウリョンくん(PAHUMA)、たぶちくん(田渕徹)、パイカスで、ただいま談合中。詳細が明らかになりましたらお知らせします。


4/24(水)インキョカフェ(京都 一乗寺)

Tim Easton Japan Tour 2024

ティムの6年ぶりの来日ツアー(4/19-29)が決定。京都公演は4/24(水)に一乗寺のインキョカフェにて。パイカスお伴します。



=追記=

“つれ・づれ”は、次回は4/12(金)ウーララ(西院)にてイトチューくん(ドラム)が入ったトリオ編成で。


よくお誘いいただく“ぬかるみ天国”には、3/16(土)440(東京 下北沢)、3/17(日)JIROKICHI(東京 高円寺)、4/14(日)AZUL TERRACE(大阪 梅田)に参加予定。

ぬかるみ天国は、LP『ぬかるみ三昧ライブ/アサキチ』&3rdCD『こけたらむけた/アサキチ』のダブル発売記念。おめでとうございます。LPはライブ会場でのみ販売、CDは全国流通もするそうです。これはたくさん売れるとよいですね。(僕も両方に参加させていただきました)

では最後に。スワンプ好きのアサキチさんにあやかってスワンプロックの名盤から1曲リクエストしましょう。A面の1曲目をとも思いましたがアルバムのタイトル曲を。ウルル。

Jesse 'Ed' Davis - Ululu

2024年2月6日火曜日

「テレ」

 今年の初詣は地震翌日の2日に初散歩を兼ねて。祈ったり願ったり。京都は嘘のように穏やかな青空でした。ベースのじゅんです。
新年の抱負は、自分のなすべきことをしっかりやる、苦手なことも少しは改善する、という趣旨のことを神前で呟いたのに1ヶ月が過ぎてしまった。リセットしたい。


苦手といえば以前から電話が苦手で、ケータイが鳴るたびにビビってしまう。

ま、電話に限らずコミュニケーションツール全般に付き合いにくさを感じるし、対話力の問題もあるけれど、生活に大きな支障がない程度なら、己はそういうものと割り切ることも改善策だと最近は思うのです。


それにしても、居ながらにして距離を超えて何かを伝えたり受け取ったりできるのは、改めて考えると魔法のようだ。もはやライブ配信のごときは当たり前。情報伝達。遠隔操作。はるか遠く月面にも及ぶ。

もとを正せば、人類の知りたがりな特性が成せる技なのか。より速く遠くにという欲が成せるものなのか。


そんな技術の進歩が被災地の支援や支援の拡がりに役立っていることは言うまでもないでしょう。寄付なんかもしやすくなったし。

しかし、やはり実際に生の活動をする人たちがいてこそこれが活かされるのだと思う。避難所や福祉施設に燃料など必需品を届けるといった現地の活動報告に触れると頭が下がります。



///当面のパイカス///

パイカス(PiCas)は、パイレーツ・カヌーの後ろの男3人で、方々に寄生しながら、ベス、サラ、キャッシーの育休復帰を待ちつつ活動中。


4/20(日)ムジカジャポニカ(大阪)

詳細が明らかになりましたらお知らせします。


<終了>

1/20(土)音凪(大阪)

音凪新春企画   新春スペシャルセッション 塚本功 × パイカス


パイカスは塚本さんと約3年ぶり2回目の遭遇。満員御礼。楽しい時間でした。

(photo by nabeさん)

謎の飛行物体でやってきた生物とテレパシー(精神感応)で交信、遠くから居場所がわかる、頭の中に声が届く。ご一緒した7曲中にそんな歌が2曲もあった。宇宙人や超能力の話は少年の心をドキドキさせる。テレポーテーション(瞬間移動)やテレキネシス(念力)も仕入れたいところ。

ソロの塚本さんが色々な曲を、ドビュッシーまで聞かせてくれて、素晴らしい。

歌うときは未だマスクを外せないそうで。僕は「ヒマツ」(飛沫)という曲が好きだな。ふと「ハバツ」の語が思い浮かぶのはオヤジな心。でも「いやな感じ」や「いやな気分」はよいモチーフになるでしょう。


ところで、音凪では僕はCD棚にへばりついて立つのですが、振り向くとテレヴィジョンのCDがいつも目にとまる。トムヴァーレインが亡くなって1年か。

先輩方の好きな”MARQUEE MOON”のレコードが僕のオクテな心に響き始めたのは新成年期を過ぎてから。なんてカッコいいギターバンドだろう。


本日は、その3曲目をリクエスト。ちびるじょん。

Television - Friction


=おまけの雑学=

エレキギターの名器、フェンダー社の「テレキャスター」の名は、当時の新技術だった「テレビ放送」から来てるんですって。へぇー。