2021年2月20日土曜日

「ロジ」

2月14日晴れ。
午前11時11分に谷町線の中崎町で下車、パイカス3人でヨルチャの長屋がある豊崎1丁目1番地に向かう。
ベースのじゅんです。この辺りは、大空襲や開発を免れた戦前の家屋が多く残っていて、2000年頃からそんな長屋を再生した店舗が増えたそうです。

宿主のテソンくんが来るまで、舗装されていない路地裏でひなたぼっこ。日を浴びるとセロトニンが増えて心の安定によいのだとか。タバコの煙と青い空がのどか。

2月だというのに溶けてしまいたくなる陽気の中でタイムスリップ気味。屋根の向こうに見える高層のマンションが嘘のようでした。


まずは、そんな平穏な空気感のある曲をリクエストしておこう。

Hot Club Sandwich - Calma El Aire

さて、お店を開けてもらって靴を脱いで長屋におじゃまします。ヨルチャ隣接のFLAT space、2日目の「路地裏ショコラ党」へ。イベントのオープン前に僕らは2階で「路地裏リサイタル」のサウンドチェックから。

(眼福さんのイラストと十夢くんのデザイン)

宣伝美術、会場の装飾と音響を一手に引き受けての大活躍は、ラリパパの名ベーシストでもある十夢くん。いつも楽しいことしているイメージ。

で、貸してくれたPhil Jonesのベースアンプが素直ないい音していました。前から気になってたのだけれどコンパクトで使い勝手がとてもよい。


ヨッシーのスーツケース(バスドラ)周辺は省スペース化の工夫が面白く、テソンくんはマイクもギターアンプに突っ込んでPAシステム不要。あとは岩城くんのドブロなので、増幅系はマイク1本とアンプ2台。会場に似合った気軽な規模感でした。


テソンくんには昨年末に続いての寄生で、演奏できる曲目が増加。ライブレポは橋本先輩にお任せしましょう。お越しの皆さま、ありがとうございました。


SENちゃんの人気チョコ菓子を速攻で購入、眼福さんにごあいさつ、ヨルチャ車掌のイルボンさんに黒ビールをいただき、島田さんの写真館で記念撮影。前日の松原さんも見れたらよかったのだけれど。

(リーテソン&パイカス@路地裏写真館)


旧正月と誕生日(2/12-13)は地味に過ごしましたが、路地で乾杯したりもして、よいバレンタインデーとなりました。

そういえば、ラリパパのチョウくんがやってきて「おめでとう」を言ってくれたし、先輩諸氏からもメッセージをいただいてたっけ。幸せね。


では、学生のときに一緒にバンドやってたS先輩の好きなやつで締めましょう。

ザ・ルースターズ - ロージー

///当面のパイカス///

パイカス(PiCas)は、パイレーツ・カヌーの後ろの男3人で、方々に寄生しながら、ベス、サラ、キャッシーの育休復帰を待ちつつ活動中。


<延期 日程調整中>

1/16(土) 

カサ・スリム&パイカス @ インキョカフェ(京都 一乗寺)


<延期 いずれも4月で調整中>

1/30(土)【SUEMARR&PiCas 2021】

スーマー&パイカス @ Hunny-Bunny(名古屋 新栄)

1/31(日)【SUEMARR&PiCas 2021】

スーマー&パイカス @ インキョカフェ(京都 一乗寺)

  

<終了>

2/14(日)【路地裏ショコラ党】
リーテソン&パイカス@FLAT space(大阪 豊崎)
(by ヨルチャ車掌さん)

テソンくんに、なぜ「パイカス」と名付けたのかと人前で問われて困ったなあ。
ま、パイレーツ・カヌーの「ロジ担」(後方隊)ということです・・
おまけ

2021年1月18日月曜日

「ウシトラ」

元日の朝刊を取りに表に出たら、満月から少し痩せたお月さまが西の森の上にいらして、もうすぐ日の出のタイミング。

奥さま嬢さま坊っちゃまを朝ごはんにお呼びする前に初散歩に行くことにして、ご近所の神さまにゴニョゴニョお祈りしてから、大文字山に昇るお日さまの顔を拝んできました。
雪化粧をした北方の山が朝日に照らされるのも神々しく感じます。丑寅の方角は鬼門でしたか。


ベースのじゅんです。神妙な気持ちはそこそこに。

本年の1食目、暖かいお酒もいっしょに無事にいただきました。


2日の晩には、すき焼きにして牛肉をいただきました。丑年ですから。

ところで、暮れに亡くなったなかにし礼氏は、僕の父と同い年の寅年生まれで、ご存命なら来年が年男でしたね。
遅ればせながら著書の「てるてる坊主の照子さん」を読みました。4姉妹の家族のお話。いしだあゆみさんの実家がモデルになっているそうです。お母さんの照子さんがてるてる坊主に祈ったり、いいことがあると皆ですき焼きをするのがいい。


あなたならどうするとつぶやきながら、ウチもすき焼きをと思った次第です。


僕はこんな感じのお正月でした。

パイレーツ・カヌーの女子たちや大ちゃんは元気にしてるのかな。


昨年は、オンザコーナーレコーズからライブスポットの支援CD「STAY AWAKE」(在庫あります!)の販売がありましたが、パイレーツでの演奏活動はできなかったので、今年はみんなで何かできたらよいですね。


では、2021年もよろしくお願いいたします。


2015年のパイレーツ。キャッシーは出産前でお休み。「おうちでハチタイ! ~『吉例八時間耐久ライブ2021』開催中止残念会ネット生配信~」より


///当面のパイカス///

パイカス(PiCas)は、パイレーツ・カヌーの後ろの男3人で、方々に寄生しながら、ベス、サラ、キャッシーの育休復帰を待ちつつ活動中。


12月に写真家の石川耕平くん(パイレーツ・カヌーのアー写やPVでもお世話になっています)が撮影してくれた、パイカスの「帰ってこいよ」又は「宿主求む」の図をアップします。


以下のライブは「緊急事態宣言」発出のため延期になりました。詳細は追ってお知らせいたします。


<延期 日程調整中>

1/16(土) 

カサ・スリム&パイカス @ インキョカフェ(京都 一乗寺)


<延期 いずれも4月で調整中>

1/30(土)【SUEMARR&PiCas 2021】

スーマー&パイカス @ Hunny-Bunny(名古屋 新栄)

1/31(日)【SUEMARR&PiCas 2021】

スーマー&パイカス @ インキョカフェ(京都 一乗寺)

  

終了しました。

12/30(水)【マーサの忘年会 ~18周年だよ、全員集合!!~】


大阪阿波座のmartha(マーサ)にて。豪華で賑やかな忘年会にお邪魔してきました。

僕らは、リー・テソンとパイカスで演奏納めと思ったら、テソンくんごと蠣崎未来ちゃんにも1曲寄生することに。



・・・しかし、1月は楽しみにしていた寄生予定が飛んでしまった。

コロナめ! なんてこった! 冗談じゃないぜ! と言っても始まらぬ。


ということで、今年の1曲目は、なかにし礼氏と同じく寅年生まれの紳士、2015年に喜寿で亡くなったアラン・トゥーサンの名曲を。丑年ですから。

気を取り直して気長にまいりましょう。


Lee Dorsey - Holy Cow


ザ・バンドがカバーしたのも凄くカッコよい。


モ~ひとつおまけ!

Cow Cow Davenport - Cow Cow Blues 

リアン嬢や色んな人がやっているこちらの曲もいいなぁ・・・

2020年12月20日日曜日

「コ○トン」

布団からはみ出た右手が、冷えたせいか麻痺して感覚がないので、無理やり左手で押し込むとグギっと音がした。朝起きたら右手首を寝違えていて、なぜか左膝にも相当のダメージが。
寒くなりましたね。ベースのじゅんです。

焦っている夢でした。睡眠中も油断大敵。
朝から風呂屋に行った。風呂代が払えない。あと10分で仕事が始まるのに。タクシーを探す。そうだタクシー代も払えないのだ。工事現場の軽トラを拝借。着替えに戻らないと。下り坂で一気に加速。ブレーキに足が届かない。体が縮んだのか。絶体絶命。服が合わない。

やはり心に余裕を持って落ち着いて行動しないといけない。静かに本でも読もうかな。

ということで、奥様の借りてきた本をめくっていたら、カオスな夢見とは関係ないですが、100年以上前の森鷗外の「混沌」という講演が面白かったです。


頭の中の引出しをキチキチと分類整理しすぎると新しい考え方に直面したときに対応しにくくなるよ。ゴチャゴチャした状態で置いてあると何かしら反応するものがあるものだよ。

というようなことを言っておられたので、整理整頓が苦手でもよしとしたいです。曲解か。必要な探し物がなかなか見つからないのはまずいですし。


さて。「混沌」とは少々ズレますが、本日は「コットン」の曲をリクエスト。


1曲目は、以前にThe Deedees(パイレーツのエリザベスとお父さんのデュオ)でご一緒した曲を。レッドベリーもC.C.R.も聞きたいところですが、このお方の魅惑のバリトンボイスがよいな。キーチェンジがよく効いています。

Johnny Cash - Cotton Fields

ベスがアメリカに引っ越してかれこれ5年くらいになるのかな。ご両親も年内には京都から移住できるそうで、かわいいお孫ちゃんと一緒に家族で新年を迎えられるといいですね。


では、エリザベス・コットンの曲を。

ご本人のお孫さんとの演奏は心の宝箱にしまっておくとして、リアノンの敬意溢れるカバーがまた素敵なのでこちらをお願いしましょう。チェロの使い方もカッコよい。

Rhiannon Giddens - Shake Sugaree


ジョニー・キャッシュもリアノン・ギデンズも「ランブル(音楽界を揺るがしたインディアンたち)」に出ていましたね。久しぶりの映画館で、エンディングのカレン・ダルトンの歌声にハッとしてグッとくる。


今年も残りわずか。気忙しく物騒ですが、自分たちに何がしか備わっていることを信じて、しのいでまいりましょう。



///当面のパイカス///


パイカス(PiCas)は、パイレーツ・カヌーの後ろの男3人で、方々に寄生しながら、ベス、サラ、キャッシーの育休復帰を待ちつつ活動中。


12/30(水)【マーサの忘年会 ~18周年だよ、全員集合!!~】

 http://www.marthanet.com/live/live.html#live_title


大阪阿波座のmartha(マーサ)にて。パイカスはリー・テソンくんに寄生予定です。


 開 演|16:00

 終 演|21:00(予定)

 料 金|前売 ¥3,000/当日以降 ¥3,500(当日及びアーカイブ購入)

 前売りはこちらから!

・ツイキャスプレミアムによる無観客配信のみのライブです。

・1組3曲限定で、トータル5時間に亘るライブリレーです。

・各セットの転換中にはビデオレターによるリモート参戦もあります。

・本番終了後も14日間はアーカイブ試聴が可能です。


1/16(土)

カサ・スリム&パイカス @ インキョカフェ(京都 一乗寺)


1/30(土)【SUEMARR&PiCas 2021】
スーマー&パイカス @ Hunny-Bunny(名古屋 新栄)


2020年はスーマーさんに一度も寄生できませんでした。新年の名古屋と京都の2days、楽しみです。


  19:30開演・3000円+order

  20名限定・要予約(hunnybunny8282@gmail.com 宛)


1/31(日)【SUEMARR&PiCas 2021】

スーマー&パイカス @ インキョカフェ(京都 一乗寺)

  

  19:00開演・3000円+オーダー

  15名程度の人数制限あり・要予約



<終了>

11/8(日)一乗寺フェス2020】 

山田兎 with PiCas @ 焼肉屋いちなん(京都 一乗寺)


(photo by 高橋良平さん)


オンラインによる街フェス。素晴らしいイベントでした。
我々は兎さんに初寄生。比叡山をバックにとても気持ちよいロケーション。高いところが特に好きというわけではないですが、10月の狸谷山不動院に続いて高所での演奏でした。


12/13(日)

西村哲也 with パイカス @ 音凪(大阪)


西村さんに初寄生。こちらも無観客の配信ライブでした。キャプテン・サラをはじめパイレーツ・カヌーのメンバーとはご縁のある方ですが、音凪さんの企画により共演が実現。嬉しい。


ご視聴いただいた皆様、ありがとうございました。


今年も多くの方々にお世話になりました。改めて感謝申し上げたいです。来年もどうぞよろしくお願いいたします。

2020年11月7日土曜日

「タンタンタヌキ」

先月、京都の一乗寺の東にある狸谷山不動院に行ってきました。ベースのじゅんです。
曼殊院通りには愛着があるし、たまに下り松あたりも散歩してたけど、ここまでは初めて。その名に違わず多くのタヌキが集まっていてなかなか壮観でした。

で、街角のあちこちで見かけるタヌキもなんとなく気になり始める。
エル・ラティーノの近所の立派なやつとか。

路地の奥にある岩城くんの家(岩城弦楽器工房)も、こやつの仲間が目印だ。

このようなタヌキに関しては、確か村田食堂というバンドの村田くんが詳しいのでした。色々教えてほしいですね。ご無沙汰しています。唐突ですみません。


音楽関連では反射的にリンダ・ロンシュタットの顔も浮かぶけど、やはりJ.J.ケイルのレコジャケが気になって探してみる。

深まる秋、ともあれ美しい音楽に触れるのがよいでしょう。
JJ Cale - Stay Around (Official Music Video)


僕より50以上も年長のおばちゃんが夜中に開けていた「たぬき」という小さなお店の話を、いつか別の機会に書けたらよいな・・・と思いつつ。



///当面のパイカス///


パイカス(PiCas)は、パイレーツ・カヌーの後ろの男3人で、方々に寄生しながら、ベス、サラ、キャッシーの育休復帰を待ちつつ活動中。


11/8(日)一乗寺フェス2020 https://www.ichijyoji.net/fest2020/

山田兎 with PiCas
配信による音楽フェス。30組の演者が様々な13会場から。豪華だなあ。

パイカスは、山田兎さんに初寄生。”山田兎 with PiCas” で、13時から焼肉屋いちなんで演奏します。(兎さん、カチカチ山では悪いタヌキを懲らしめる役どころですよね・・)

録画配信も1週間見れます。先月の”カサスリム with PiCas”も配信されるそうです。 


12月以降のパイカスの予定は、また改めて詳細をお知らせします。西村哲也さん、リー・テソンくん、年明けには、またカサやんとも・・・


<終了>

10/4(日)Live; with the sky 

京都会場の狸谷山不動院(左京区一乗寺)にて。パイカス単独と"カサスリム with PiCas"で参戦。250段を乗り越えての機材の搬入出も含め、配信・音響のスタッフの皆さんの働きぶりに頭が下がります。螺貝でスタート!!


ところで、カサ・スリム20周年記念ビデオ「呑禁」(NOMIKIN)を見ました。演奏のほかにも色んなエピソードが聞けて、お隣さんだったという奥田さんの夫婦喧嘩のくだり「お前の心臓は蚤(ノミ)のキン○マか!!」が笑ける。なるほどノミキン。タヌキの場合は風がなくてもスウィング・スウィングである。


10/17(土)“そろそろいこか”

ぬかるみ天国3 &キムガンホwith PiCas@梅田Azul(限定30名)

アサキチさんたちとは約8ヶ月ぶり。ダン・ペンの新譜やトニ・プライスの曲も面白かったです。ソールドアウト、ありがとうございました!


10/25(日)

Listeners+PiCas = 靴ピカDX @エル・ラティーノ(京都 熊野神社前)

(by Oさん)

Listeners(日向達也さんとひがしはらかつえさん)と一緒に大好きなエル・ラティーノにて。靴ピカ(日向さんとパイカスのメンバーでやっていたバンド)で新曲のアレンジを考えたりするのも何年ぶりかの作業で楽しかったな。

岩城くんに止められつつもテキーラを我慢できない夜。帰り道から少し記憶喪失。近所のあやつに化かされることはないと思うけど慎重にならねば。

2020年9月21日月曜日

「ナイナイ(99)」

最長期政権。これを引き継ぐ第99代首相・・・
僕のこのブログへの投稿も今回で99回目となったようですが、長く続ければよいというものではないですよね。
ベースのじゅんです。皆さん、ほかのメンバーが書くのを待っていると思います。すみません。

99。

高校時分に流行ったネーナの「ロックバルーンは99」にはあまり馴染まず、曲の出だしがかっこよいウィルソン・ピケットのは99.5(ninety-nine and a half)で少しずれてるし・・と、頭の中をしばし捜索。古い記憶ばかりで困惑。

この方がいました。嬉しい。本日の1曲目は艶っぽく。


Ann Peebles - 99 Lbs (Pounds).

ところで。
九十九を「つくも」と読むのは百(もも)に次ぐということからだそうです。けれども
、百に一本足りない「白」でイメージする白い紙に黒い線を一本足しても「百」は感じられません。

で、「100円でカルビーのポテトチップスは買えますが・・・・」という懐かしのCMを思い出す。


いったい物価はどうなっているのだろうか。訝りながらも、今や100円ショップに便利なものがたくさんあってありがたい。近所にもキャンドゥ、ダイソー・・


・・・ついでに「体操おばさん」のことも思い出そう。15年ほど前まで住んでいたマンションでは、どこからともなく時々自転車で中庭に乗り付けて、階段の上り口付近でひとしきりラジオ体操らしき動きをした後に颯爽と去っていくロングヘアーの女性がいた。やや不審でやや不思議。その後、直線距離にして1.5kmほど離れた引越先のマンションでもお見かけしたので、この方の体操スポットの分布状況が大いに気になったのだ。・・・


閑話休題。

先日、大阪の音凪でパイカスが塚本功さんとご一緒した曲の中に、RCサクセションの「体操しようよ」があって、これも楽しかったです。

2、3年前に映画の主題歌になったなんて最近まで知らなかったな。中学のときに買ったミュージックテープがまだウチにある。当時、カセットテープもLPと同じ値段で、2800円は高価でした。今は音楽も安くなっちゃったけど大切にしたいもの。


では、せっかくなのでシブがき隊(ないないない、恋じゃない・・・)ではなくて、こちらの曲を。

RCサクセション - ナイナイブルース


過去を振り返ると周囲の色んなことが一巡しつつある気がする。
日は敬老の日。次代の先行きは不透明ですが「お前百までわしゃ九十九まで」ですかね?



///当面のパイカス///


パイカス(PiCas)は、パイレーツ・カヌーの後ろの男3人で、方々に寄生しながら、ベス、サラ、キャッシーの育休復帰を待ちつつ活動中。

新型コロナの影響で3〜7月の予定がキャンセルになりましたが、ソロリと始動しています。


10/4(日)Live; with the sky 

パイカスは京都会場の狸谷山不動院(左京区一乗寺)で。カサやんにも寄生予定。


10/17(土)“そろそろいこか”

ぬかるみ天国3 &キムガンホwith PiCas@梅田Azul(限定30名)

http://swamp-asakichi.com/imageinfo2/1598331231555.html


10/25
(日)
Listeners、靴ピカ@エル・ラティーノ(京都 熊野神社前)

https://www.facebook.com/photo?fbid=2031787783625545&set=a.920179171453084

靴ピカは日向達也さんとパイカスのメンバーでやっていたバンドで、パイレーツ・カヌーの出会いのきっかけにもなりました。リスナーズ(日向さんとひがしはらかつえさん)と大好きなエル・ラティーノにて。Listeners +PiCas=靴ピカDX? 

開演 18:00   ¥2,000


11月以降の予定は改めてお知らせいたします。


<終了>

9/13(日)晩夏の音凪スペシャルライブ

塚本功×パイカス@音凪(大阪)

音凪の古市さんの計らいで共演が実現。
パイカスは塚本さんのブギやムームーソングなど4曲に寄生、パイカス側にも塚本さんに2曲参加してもらいました。ギター名人ぶりにうっとり。ハース・マルティネスの曲は歌まで入って豪華になってニヤけちゃう。

去年ジョニーさんからリクエストのあった"ワルサーP38"も、やっと御本人に聞いてもらえました。お越しいただいた皆さま、名古屋の方もデッドヘッズの方も、ありがとうございました。

2020年9月6日日曜日

「ヒットのバラ」

「肉体改造」とか「細マッチョ」とかいう本がウチに転がっていた。誰のだろう。
少し腹筋など鍛えてみたら、腰痛が軽くなる気がする、酒もうまくなるし、自分もやれよということだろうか。
ベースのじゅんです。


肉体問題はさておき、最近も、どんな音楽が好きかと問われ口が半開きのままフリーズ。言語化が苦手なうえに固有名詞を忘れるので話にならない。つまみ食いばかりなのも問題だな。

たまにブログに書いてみるのもトレーニングの一つなのか、つまみ食いを助長するだけなのか。


だいたいリズムアンドブルースが好きですと言っていた二十歳ちょっとくらいまでの頃を振り返ってみることにします。


では、京都公演には間に合わずその数年後に神戸で目撃したバーバラ・リンをリクエスト。今ならYouTubeで見れますね。

ローリング・ストーンズがカバーした曲をと思いましたが、オーベイビー、ギターを刻む姿がキュートなこちらを。言わずと知れたレイ・チャールズのヒット曲。


Barbara Lynn - What’d I say

(この番組のバンドは、ゲイトマウス・ブラウンがバンマス。ベースが後にジミヘンのバンドに参加するビリー・コックスなのも興味深い。)


確か、ストーンズもレイも I’m Moving On を演っていましたね。

ということで、次はハンク・スノウのカントリーのヒット曲を。ギターのフレーズをストーンズに盗られたというライ・クーダーのリラックスでデラックスな演奏。夏のお昼寝のお供に最適。


Ry Cooder - Yellow Roses

(夏やせ夏バテに注意)


さて、バーバラ、バラときて、続いては、ジャバラ(蛇腹)な音楽を。

京都の磔磔に来たのを見逃したこの方の演奏で、C.C.R.のヒット曲をお願いしたいです。小気味よいリズム。 


Queen Ida - Bad Moon Rising


調子に乗って、ジャバラ系をもういっこだけ。
ヒットしたドラマのテーマ曲。アコーディオンが溢れるこの演奏も大好きでした。


Those Darn Accordions - Perry Mason Theme


懐かしい匂いの漂う中で、なんだかお好み焼きが食べたくなってきた。キャベツも刻んでブタ玉を焼けば、皆が喜ぶし、お酒も進む。肉問題もバラ肉で解決か。



///当面のパイカス///


パイカス(PiCas)は、パイレーツ・カヌーの後ろの男3人で、方々に寄生しながら、ベス、サラ、キャッシーの育休復帰を待ちつつ活動中。

新型コロナの影響で3月以降の予定がキャンセルになっていましたが、ソロリと始動。よろしくお願いします。


9/13(日)晩夏の音凪スペシャルライブ

塚本功×パイカス@音凪(大阪)

開場 18:00 開演 19:00

チャージ3000円+1ドリンク(別途)

予約はメール又は電話にて


10/4(日)Live; with the sky 

パイカスは、京都会場の狸谷山不動院(左京区一乗寺)で。カサやんに寄生するかな?


10月、11月、ほかにも予定が入ってきています。詳細は改めて。


<終了>

8/29(土)

持田桐とPiCas(パイカス)@ D bar(茨木)


パイカスは2月以来。楽しかったです。ヨンちゃん、キリさん、ご来場・ご視聴の皆さま、ありがとうございました!

キリさんが繰り出すアコーディオンの豊かな生音が気持ちよかったな。で、やっぱり後ろに立つの(下の写真)が落ち着きます。

2020年8月10日月曜日

「チン○ン・タクタク」

7月末に梅雨が明けて、本格的に暑い夏がやってきましたね。ベースのじゅんです。
7月初旬にはまだ小さかったセミの声がミンミン・シャーシャーと好調でやかましい。お盆くらいまでの暑い盛りが1年のうちで一番好きだ。汗だくで目覚める。どっこい生きているのだ。


さて、「磔磔(たくたく)というライブハウスの話」というドキュメンタリーがフジテレビ(関東圏)で7日(金)深夜に放送されたというので、僕も翌日にFOD / TVerで見ました。8月末まで無料で見れます。まだの方は是非。

https://fod.fujitv.co.jp/s/genre/information/ser3544/3544810001/


キョンキョン(小泉今日子)がナレーション。あのウィルコ・ジョンソン氏が将軍塚、嵯峨(竹林の小径)、鴨川デルタなど京都のスポットにも現れてガイド役を務め、それだけでもワクワクする。

https://natalie.mu/music/news/390297

https://twitter.com/wilkojohnson/status/1291685785201192963


バンドマンやライブハウスへの憧れ、京都に行こうと決めたこと、本物を至近距離で目撃したインパクト、初めて出演したときのこと、・・・色んな気持ちがムクムクよみがえって、暑い中、心までチンチンに熱せられそう。どうぞお手柔らかに。


ところで。

タクタクも然りですが、モシモシ、ハイハイのように同じ音の繰り返しを好む習性が多くの人に備わっていると思う。

3回繰り返す例も楽曲のタイトルに割とあって、そういうのを見つけると何故だか注目してしまうのです。


頭の中でパッと鳴るのでいうと、「バン・バン・バン」(スパイダーズ)、「しんしんしん」(はっぴいえんど)、「Gone Gone Gone」(カール・パーキンス)、「Cry Cry Cry」(ボビー・ブランド)、「(You Ain't Nothin’ But) Fine Fine Fine」(ロッキン・シドニー)など。

「好きさ好きさ好きさ」や「キサス キサス キサス」の字面も浮かんだし、真面目に探したら面白そう。


では、せっかくなので、磔磔のドキュメンタリーに出ていたキセルによるカバーで、季節感は真逆ですが「しんしんしん」をリクエストします。素敵だ。(ドキュメンタリーには細野さんご本人も出ていましたけど)


キセル - しんしんしん


次は、磔磔で観た海外のミュージシャンの中から。
アーマ・トーマスがカバーした「Shame Shame Shame」をと思ったけど、やっぱりNRBQをお願いしましょう。美しい演奏。


NRBQ - Yes,Yes,Yes


本当は、磔磔とは全く関係なしに、1950年頃のコンゴの音楽で最近好きになった「Tin, Tin, Tin」という曲を最初に探したのですが、YouTubeでは見当たらなくて残念。

で、曲名が類似するスイス発のエレクトロ・スウィングを。これは楽しい。下ネタではありませんので念のため。


Klischée - Tin Tin 



///当面のパイカス///


パイカス(PiCas)は、パイレーツ・カヌーの後ろの男3人で、方々に寄生しながら、ベス、サラ、キャッシーの育休復帰を待ちつつ活動中。

新型コロナの影響で3月以降の予定がキャンセルになっていましたが、ソロリソロリと始動かな。


8/29(土)

持田桐とPiCas(パイカス)@ D bar(茨木)

https://www.facebook.com/events/240321176934912


OPEN 19:00 START 19:30 

LiveCharge 2,500円(Drink別) 

※完全予約制(10名限定) 投げ銭ライブ配信有

※ご入場の際の手指消毒・マスク着用等にご協力ください。


アコーディオン奏者・シンガーの持田桐さんと。何曲かご一緒できそう。楽しみです。