2023年1月5日木曜日

「ネコム/ネコゼ」

2023年もどうぞよろしくお願いいたします。ベースのじゅんです。

初詣は、元日の日沈を待って行ってまいりました。弁天さまと大黒さまをハシゴして約1時間半の初散歩。

どちらも僕のほかに参拝客はなく、特に山の中腹にある大黒さまはかなり寂しかったです。暗闇の境内で一人佇んでいると防犯装置らしき音がして、賽銭泥棒と間違われないよう長居せずに退散。


このときに何かに憑かれたのかもしれない。(などと思うのは、最近「岸辺露伴は動かない」を娘といっしょに見ていた影響でしょう)

まだ18時台、幹線道路のクルマがまばらで、マイペースな歩きも気持ちよく、帰宅して風呂に入って、ご飯とお酒を並べて、ずっと調子がよかったのですが。

その晩から体調を崩して寝込むことになりました。夢と現を行き来する朦朧とした感覚は何年ぶりだろう。


幸先がよくないかも。しかし、初詣の願いごとに即効性があったのだと考えることにしました。予期せぬ形ではあるけれど、神様の思し召しによる休養だと。

自室でじっと寝ているより仕方ないので、年末に購入した「ヒューイ・”ピアノ”・スミス伝」を時々気を失いながらもツラツラと読了することができました。


では、新年の1曲目は、永遠のヒット曲、感染力が高く変異株も多そうなこちらをリクエストしようかな。これで初心に帰るもよし。

Huey “Piano” Smith & The Clowns - Rockin' Pneumonia And The Boogie Woogie Flu


と思いましたが、同曲を改作したというトラクターズによる緊急通報ネタのこちらを聞いてみたい。本の中で紹介されていた話によると、9.11のテロが起きたせいで予定されていたシングルカットができなかったのだとか。トラクターズのスティーヴ・リプリーは、2019年の1月3日に亡くなったんですね。


The Tractors - Nine Eleven



//最近のパイレーツ//

パイレーツ・カヌーはベス、サラ、キャッシーが育休中。その間に方々に寄生しながら活動している後ろの男3人のパイカス(PiCas)も最近は特に予定なし。


・・でしたが、サラと大ちゃんの夫婦デュオ”Bug&Rhino”とパイカスの2マンで、2月に京都拾得 50th Anniversary に出場します。拾得の50周年に顔を出せるのは嬉しい。是非、遊びに来てください。(パイレーツの今年の活動の行方はどうなるか)


Jittoku 50th Anniversary  https://kyoto-jittoku50th.jimdofree.com

2/21(火) Bug&Rhino/PiCas 

 

※ 50周年のイベントでは、メール予約の受付開始はすべて1ケ月前の同日午前0時からです。(2/21なら、1/21の 0:00から受付)



//おまけ//

ビビったりしながらも前進するのだ、というふうな曲のデモを作りました。やや勇ましめに。ムービーが稚拙なのは、どうかご容赦を。


それでは、皆さまにとってよい1年になりますよう、床に臥しつつお祈り申し上げます。
ウサギの背中も猫背なのか。

2022年12月16日金曜日

「オデブ」

W杯に気を取られていたら、せっかく京都でやっていたのに、ファッツ・ドミノのドキュメンタリー映画「ロックンロールの誕生」を見逃していました。しまったなあ。ベースのじゅんです。


この人は、見た目も、歌とピアノも、バンドサウンドも、ふくよかだ。

まずは、この曲が聞きたいです。


Fats Domino - The Fat Man


だからというわけではないですが、「ふくよかな魔法」(MAGIC IN FULL FORM)という言葉につられて、京都市京セラ美術館のボテロ展に行ってきました。出不精を改めるべく、散歩のついでに、遠回りして1万6千歩かけて。


これは終わる前に行けてよかった。


聖母も天使も悪魔も、大統領も聖職者もダンサーも、動物も果物も楽器も。モナリザも。ボテリズム。


可笑しいような怖いような無表情。

ボテロさん、マンドリンのサウンドホールを小さく描いたときに、この形にビビッときたんだそうです。

(写真撮影OKでした)


帰り道、まんまるで立派なサイズのみたらし団子を買いました。奥様へのお土産に。


では、ふと脳内で再生されたこの曲をリクエスト。美しい。

故郷のことを歌っているそうなので、おデブちゃんとは関係ないでしょうね。


D'Gary - Betepotepo



//最近のパイレーツ//

パイレーツ・カヌーはベス、サラ、キャッシーが育休中。その間に方々に寄生しながら活動している後ろの男3人のパイカス(PiCas)も最近は特に予定なし。


・・でしたが、サラと大ちゃんの”Bug&Rhino”とパイカスの2マンで、来年2月の京都拾得 50th Anniversary に出場することになりました。詳細は改めて。楽しみだ。


先日のパイレーツのオンラインミーティング(飲み会)は、サラの後ろで大ちゃんが洗濯物を干している姿が生活感があってよかったな。下の子のトイレトレーニングに追いつかないらしい。


味覚を失っていた岩城くんは持ち直してきたようで、岩城弦楽器工房に整備に出したプレベが戻ってきました。指板とフレットに付着した35年分の汚れも取れて嘘のよう。これで最期まで行けるかな。

早速、来週の”つれ・づれ DUO”(12/23@ウーララ)に持って行こうと思います。

2022年11月23日水曜日

「ハナウタ」

 散歩しているとあちこちの路地で雪虫がふわふわり。すっかり秋も深まり、今年も終わりが見えてきた。やれやれだ。ベースのじゅんです。

先のブログに書いたように先月はなんとなくメキシコ月間で、カーラ・モリソンのタイニー・デスク・コンサートをYouTubeで見ていたら、涙腺が歌声に刺激され、可愛らしい声の人だなとは思っていたけれども、それどころではなくて、まいったな。音の一粒ずつを大切にするバンドの演奏も素敵です。

https://www.youtube.com/watch?v=aKWV7b3j5P0&t=184s


そんな動画を見ながら、ふと、個々の事情や思いが集団的な行為に破壊されることについて考える。戦争だけじゃないかも。

「併合」や「統一」、強要される「団結」や「忠誠」、嫌気がさすし、個性が軽んじられる点では、標準化や効率化といったスローガンもどこか危険を孕んでいる気がしてくる。


あきませんな。

では、本日のリクエスト。こんな団結の歌ならウェルカム。知らないうちに「ユーエ ナイティー ワイ」って歌ってしまうのだ。いやな時代も鼻唄まじりでまいろうぞ。


Desmond Dekker - Unity



//最近のパイレーツ//

パイレーツ・カヌーはベス、サラ、キャッシーが育休中。その間に方々に寄生しながら活動している後ろの男3人のパイカス(PiCas)も最近は特に予定なし。


先月の僕は、エリザベスが送ってくれた新曲に(勝手に)ベースを付ける作業に集中、いろんな曲があって面白かったな。パイレーツは演奏予定も制作予定もありませんが、一応、各メンバーとは共有。オンラインで忘年会があるのを楽しみに。


やはりベスの歌のバックは気持ちよく、英語の歌詞を適当にフンフンいうてしまいます。



//おまけ//

スマートじゃなくても、リラックスしているときに出る鼻唄は、小さな幸福感があってよいなと思う。デタラメOK、ワンフレーズでもギターのリフでもOK。


サッカーW杯が開幕して寝不足注意。20年前の日韓共同開催の年も僕はバンドの活動が低調で、じゃあ1人で曲作りでもしましょかと。実は、その頃の曲に、ヨチヨチの嬢をモチーフに鼻唄をテーマにしたやつがありまして・・。


この夏にデモを作り直しました。恥ずかしながら自分じゃ歌えずボカロです。


JunB’s - はなうたマシーン


2022年10月23日日曜日

「メキシコ」

 最近、週末に家から出にくくなって不自由を感じる。元々出不精ではあるけれど。
ベースのじゅんです。まあ、毎週ではないし、籠もってやれることは多いよ、と己をなだめています。

今月1日の土曜日は、円山公園の野外音楽堂でエル・ラティーノ(熊野神社前のメキシコ料理屋さん。岩城くんが10年くらい前にブログに書いてたっけ。
http://onthecornerrecords.blogspot.com/2012/12/el-latino.html)の30周年イベントが楽しそうだったので、SNSで写真などを拝見。
演奏あり、プロレスあり、川端さん(マスター)の生前葬あり。ご近所の京大熊野寮の学生さんが棺桶を作ったのだとか。やるなあ。
ポスターはCちゃん作

過去の周年企画はどれも台風で流れちゃったけど、3度目の正直、よい天気に恵まれてよかった。自室から、遅れ馳せながら、お祝い申し上げます。

こんなふうに色んな人が楽しむために集まってくるのって本当によいな。(ひどい目的の強制動員もあるから・・)


さて、本日のリクエストは、川端さんのメキシカンな帽子(ソンブレロ)にちなんで。こちらを。(この曲、眼鏡を探していたら頭の上にあったという感じだろうか。)

The Champs - Sombrero

チャンプスは、腕っこきが集まったカリフォルニアのインストバンド。ブリブリのサックスと、低音ボイスやドゥーワップコーラスでタイトルを入れるスタイルが大好き。言わずと知れた「テキーラ」のオリジネイターですね。



//最近のパイレーツ//

パイレーツ・カヌーはベス、サラ、キャッシーが育休中。その間に方々に寄生しながら活動している後ろの男3人のパイカス(PiCas)も最近は特に予定なし。


エリザベスが夏の休暇をメキシコで過ごして曲も作ったそうで、カリフォルニアに帰ったら送ると言っていたのに来ないなと思っていたら、今月の初めにミニアルバム1枚分くらいの新曲が届きました。メキシコ風味の曲も。

先のことは決まってないけれど、バンドでアレンジを考えて演奏できるとよいなあ。



ということで、この10月はなんとなくメキシコ月間になっていて、メキシコ産のコーヒー豆を挽いたり、ナタリア・ラフォルカデを聞いたりしているのでした。


カリフォルニア~メキシコか・・。キャレキシコかっこいいかも。何かもう1曲。

Calexico - Tapping On The Line  (feat. Neko Case)


2022年10月1日土曜日

「ハレ」

 10月になってしまいました。下半期に突入。
ベースのじゅんです。9月のことをちょこっと書いておきます。

最強と言われた14号、京都はほぼ空振りで助かりました。台風一過。晴れ。
よい天気が続きますように。普通の天気でもよいです。

・・いつまで続くのか・・明日はわからない・・というお天気ネタの曲を作ってメモ(録音)していたら、Siriが「大丈夫ですよ」と過剰反応。いまどきのパソコンは心配もしてくれるのね。ありがと。そのうち「飲み過ぎですよ」とか言われそう。

さて。
9月の最終日(昨夜)は、”つれ・づれ”で夜想(京都 四条大宮)でした。
サウンドチェック後は、阪急大宮駅の北側、立ち呑み屋が数軒入居している新宿会館へ。路地を通って2階に上がってすぐのマルキに入りました。安くて美味くて馴染むなあ。また行こう。
帰り道(これから演奏しに行くのですが)は西の空の三日月がきれいでした。さすがは夜想。いい気分。

この日はデュオのインストで、ドラムなしのリズムも新鮮でよいものですね。精進しよっと。
とおぼえの徳田くんが遊びに来てくれました。ありがとうございます。写真も。
https://twitter.com/toboemania/status/1575827475417903104


///最近のパイカス///
パイカス(PiCas)は、パイレーツ・カヌーの後ろの男3人で、方々に寄生しながら、ベス、サラ、キャッシーの育休復帰を待ちつつ活動中。・・・現在、パイカスの予定は未定。

【終了しました】
9/24(土)秋のスーマーライブ@CHAKRA(大阪 北浜)

大阪のチャクラからスーマー&パイカスにお誘いがあって、岩城くんは欠席でしたが久しぶりにヨッシーといっしょに寄生してきました。リズム隊だけ、相当数の(僕らにとっては)新曲あり、当日合わせのみで2ステージ分、ということで、なかなかの冒険。で、やはりスリリングで楽しかったです。感謝。

ヨッシーが足下に置いたカラバッシュ(大型のヒョウタン)がよい音を出していました。おやじのハ○アタマのようですね。ハレルヤ!

スーマーさんはレコ発ツアー。名盤「ミンストレル」(パイレーツ・カヌーの曲も入っています。サラがマンドリンやコーラスで参加している曲もあります)のリマスター盤(アナログレコード3枚組でCD付き)はいかがでしょう。
https://www.galabox.jp/phone/product/571

チャクラの岡本さんと増田さんの音響・映像チームは素晴らしい。お世話になるのは、僕は昨年5月のパイカス以来で2度目。今回、カメラマンの増田さんがご馳走してくださったのはホルモン。美味。酒が進んだのは不可抗力でしょう。

それでは本日のリクエスト。
スーマーさんが「ある晴れた日に」と歌っていたデヴィッド・バーンとブライアン・イーノの曲を。アメリカン・ユートピアでやっているのもカッコよかったな。
David Byrne - One Fine Day


2022年8月13日土曜日

「プリンプリン」

Tシャツが汗で体にへばりついて脱ぐのに苦労する。ベースのじゅんです。
50肩の後遺症か右肩が上手く回らないせいもありますが。半分脱ぎかけの状態で飛び跳ねている姿は人に見せられたものではないです。

では、先月のブログ「コーヒー」の続きから始めます。
すみません。去年だったか、とても好きになった曲(出だしが「コーヒー1杯なら・・」)があったのにうっかりしていたので、追加リクエスト。山田参助さんたちによる二村定一のカバーが素晴らしい。

ノンノンシャラリン -  歌:山田参助

収録アルバムのPVは、土蔵でのワンマイク一発録りの様子がわかる。ノンシャラン。よい響き。

https://www.youtube.com/watch?v=nNCBR7ik-2w


さて、我が家でコーヒーをそのまま飲むのは僕だけ(たまに奥さまも)なので、皆のために一度コーヒープリンでも作ろうかと思いました。が、やっぱり普通のプリンがいいか。

・・「ふつう」ってなんだろう、高級品よりプッチンプリンか、おじゃる丸ほどのプリン好きではなし、いっそ茶わん蒸しはどうか、などと少年のように悩むことしきり。


子供の頃からテレビのCMでも馴染みのあるグリコのプッチンプリンは、今年で発売50周年になるのだそうです。(京都のライブハウス「拾得」ももうすぐですね)

そのラインナップに、「Happyプッチンプリン 」という内容量380gの巨大なサイズ(通常の5.6倍以上、Big2.3倍以上)のがあって、これは全く知らなかった。(いちばん小さい「ちょこっとプッチンプリン」が1個20gくらい)


で、つい「デカプリン」という曲を作ってしまいました。ベースを弾いたのはちょこっとだけ。ムービーがいい加減なのもご勘弁を。(パナマのオルガン奏者アベリーノ・ムニョスの「レハンドリン」に表敬しつつ・・Youtubeには見当たらず残念・・)


ウチの者からすれば、こんなことで引きこもるよりプリンを作る方が絶対よかったろうな。

しかし、心にさしこむ大中小の影をふり払い、それゆけプリンプリンでしょう。


・・・やはり、コーヒープリンも作ったのでした。こちらは好評。



///当面のパイカス///

パイカス(PiCas)は、パイレーツ・カヌーの後ろの男3人で、方々に寄生しながら、ベス、サラ、キャッシーの育休復帰を待ちつつ活動中。・・・現在、パイカスの予定は未定。


先月は、ずっとご無沙汰していたCAFEすずなりに3回も行って、ワンダーと喋ったり、高円寺ペリカン時代の増岡さんと原さんが来京していたり、そして、すずなり7周年記念のお祝いがあったりと、馴染んだ人たちに会ってほっとする。

普段は自分から出かけることは少ないですが、人恋しですかね。


7周年記念ライブでは、高橋まりす、長野友美、スーマーの御三方の演奏と声が素敵でした。響きが美しい。そんなお店の大工工事を手掛けた安井くんにコーヒー豆を分けてもらう話もできました。

店主まりちゃんの「どろんここぶた」のTシャツかわいかったです。おめでとうございます。


時間がたつの早いな。7年前の記事を貼っておきましょう。

http://onthecornerrecords.blogspot.com/2015/08/blog-post_17.html


2022年7月18日月曜日

「コーヒー」

好きな音楽は何かと聞かれても上手く答えられないのが常で、その点、好きな飲み物なら明確に返事ができて安心だ。夜はお酒で昼はコーヒー。ベースのじゅんです。


・・と思ったけれど、カフェで仕入れる芋焼酎のお勧めの銘柄を尋ねられて答えられませんでした。ごめんなさい。

コーヒーも豆のことはよく知らず、いずれも依存症なだけで探究心や認知力が欠如しているようで、まいったな。


ところで、寺田寅彦氏によると、宗教や酒は人を酩酊させ理性を麻痺させる点があり、コーヒーは感覚や洞察を向上させる点で哲学に似ていて、「酒や宗教で人を殺すものは多いがコーヒーや哲学に酔うて犯罪を犯すものはまれである」のだそう。


そう言われるとそんな気もしますが、そこまで違いがあるかな。まあ、とにかく酒でも何でも過度の摂取や依存は要注意。他の人まで不幸にするのはもってのほか。

先日のA元首相暗殺事件では、特定の宗教の反作用的な側面が動機として取り沙汰されていますね。


銃撃のあった日の夕刻に、西院の立呑みのテレビでニュースを見て、大変だなと。

焼鳥のカワとキモを食べハイボールと焼酎を飲みながら、国政や選挙の行方も心配しつつ、次回はトンソク(豚足)を注文しようなどと思った次第でした。


家ではトンソクに限らず僕の好物が排除されることが時々ありますが、酒類やコーヒー豆に関しては奥様が補充してくれるので非常にありがたい。


休日の朝は、ゴリゴリ豆を挽いて1リットルほどコーヒーを淹れるのが習慣になっていて、豆の種類には頓着しませんが、お湯を注いだときに鼻先でふわっと豆の粉が膨らむと嬉しくなる。夏でもホットが好きです。


では、コーヒー関連の曲をリクエスト。

一滴、一匙、一杯、一缶。1リットルサイズはなさそう。コーヒーブルースと思いましたが、ミス・コロムビアの絹のような声のこちらを。父がまだ赤ん坊だった時代の歌。つられて口ずさんでしまう。名曲です。


一杯のコーヒーから -  霧島昇、ミス・コロムビア


もう1曲だけ。ガイ・クラークのトリビュート盤に収録されていたスージー・ボガス。ウーリッツァーのふわふわした音も素敵だ。


Suzy Bogguss - Instant Coffee Blues



///当面のパイカス///

パイカス(PiCas)は、パイレーツ・カヌーの後ろの男3人で、方々に寄生しながら、ベス、サラ、キャッシーの育休復帰を待ちつつ活動中。(現在、パイカスの予定は未定)


岩城くん、先日リリースした”Peg&Awl Vol.3”の通販が始まったそうです。ヨッシーは、”ザ・たこさん”で淡路島の音楽フェス(WIND RUSH)に出場、夏ですね。

僕は、今月は”つれ・づれ”があと1本、30(土)に京都の夜想でデュオでやります。(7/3 梅田Azulの”アサキチ presents ぬかるみ三昧”、7/8 西院ウーララの”つれ・づれ”、お越しの皆さま、ありがとうございました。)


先日は大ちゃん(中井大介)が京都ネガポジに歌いに来ていたのに寝不足で会いに行けず残念。キャプテン・サラが、近藤龍麿さんのニューアルバム「ラストトレイン」でCDジャケットをデザイン、マンドリンでも数曲参加したとか。