2022年1月1日土曜日

「ズンズンズン」

12月の半ば過ぎから寒さが増してきて、クリスマス後の冷え込みはさすがにこたえました。
残業中は
空調が使えないので頼りにしていた電気ストーブ。寿命だったのか。トイレから帰ってきたら一人ぼっちですっかり冷たくなっていて・・チーン・・。ベースのじゅんです。どうか皆さまもご自愛ください。

京都のこの辺りは雪がズンズン積もる感じではないけれど油断大敵。元日の朝は大文字山の大の部分が白くなっていました。確か2015年の正月が大雪で、僕は風邪をこじらせて大変だったのだ。

(2015年1月4日。全員マスクのパイレーツ。流行の先取りでしたね。)


大学の入試は1/15,16が共通テストだそうで、受験生はしっかり体調管理を。

ところで諸君は「東大一直線」の主人公がずんずんずんと進む姿を知っているだろうか。やる気が出るか知らんけど。


では、年明けの1曲目をリクエストします。

Calypso Rose - Zoom Zoom Zoom


ズンズンズンズン・・ピン・ポン・パポン

ピンポンパン体操はドリフもピンクレディーもやってらしたのですねがんばらなくちゃ。


///当面のパイカス///
パイカス(PiCas)は、パイレーツ・カヌーの後ろの男3人で、方々に寄生しながら、ベス、サラ、キャッシーの育休復帰を待ちつつ活動中。

昨年お世話になった宿主(寄生先)の皆さま、お店の皆さま、ご来場・ご視聴いただいた皆さま、ありがとうございました。

パイカスの予定は未定ですが、本年もよろしくお願いいたします。


///最近のベス、サラ、キャッシー、中井大介///
さて、本題はこちらです。

ベス、サラ、キャッシー、そして中井大介から近況報告がありました。


ズン! エリザベス・エタ!

-----------------------------------------------------------------------------------------

皆さん大変ご無沙汰しています。
私の町で音楽ライブが少しずつ再開されています。私も12月には3本も演奏できました。父との「ディーディーズ」アコースティックライブが一番嬉しかったです。家族で催したクリスマスマーケットで一時間の短いライブでしたが、アットホームでディーディーズにはぴったりでした。(マーケットでは夫の陶芸、両親の絵画、私のクラフトを売りました。)

-----------------------------------------------------------------------------------------

仲良し父娘のディーディーズ。空をこえてラララと寄生しに行きたいです。

ズンズン! キャプテン・サラ! 大ちゃん!

-----------------------------------------------------------------------------------------


(Sara)
(Daisuke)
お久しぶりです!

楽器の練習不足解消の為、合奏部を作り、運動不足解消の為、ダンス部を作り楽しんでいる今日この頃です♪ 

写真は年賀状用の仮装です() (サ)

来年こそはみんなと演奏ができますように!(大)

-----------------------------------------------------------------------------------------

かまめしどん&バイキンマン。勇気りんりん。アンパンマンは誰だ。君か。 

ズンズンズン! キャッシー・ケヤキ!

-----------------------------------------------------------------------------------------

ご無沙汰しています。
2021年は、とにかく子供と向き合う一年でした。演奏といえば、アフロのカツラをかぶって娘の幼稚園で演奏しました。
子供達の前では、とにかく全力を出す!という事を学んだ気がします。
2022年も引き続き、子供に寄り添いながら、とうとうスレンダーボディを手に入れたいところです。
-----------------------------------------------------------------------------------------
ドリフのカミナリ様のコントを思い出すじゃないですか。

トラのプロレスラーはシマシマパンツ・・。さあ元気よく行こうか。2022年のはじまりはじまり。

2021年12月4日土曜日

「チョーキン」

 太陽の光が当たって前髪が虹色になったり、白いサギの群れと黒いカワウの群れが対峙していたり、そういうのを眺めながら川べりを歩く。
やはり散歩はよいですね。ベースのじゅんです。心が少し生き返る。


11月は「過労死等防止啓発月間」だったそう。

キンロー感謝の日に働きながら、とうとうカローシラインを超えちゃったな、しかも全てノーカウント(ノーマネー)、終わりが見えぬ、とボヤくことしきり。

「セルフケアに努めましょう。」って・・・


まあ、散歩とお酒と音楽を楽しむことができるうちは、なんとかなるような気がしないでもない。自信ないですけど。


11月も終盤には蠣崎未来&パイカスで大阪・名古屋の2daysがあったので。

居酒屋でどて煮とお湯割り、会場の音凪さんでストロガノフとオンザロック、洋食屋で牡蠣ベーコンとビールとワイン、中華屋でギョーザと紹興酒。

かなりの栄養補給ができたはず。


しかし過度のチョーキン(超過勤務)は「ダメ。ゼッタイ。」


ということで、本日のリクエスト。

ジョス・ストーンはもちろんソソられるけれど、Z.Z.ヒルやジョー・サイモンのおじさん臭も捨てがたく、迷った末に元々好きだったこちらを。ギターとベースの同期っぷりが素敵です。

Z.Z. HILL - The Chokin Kind


///当面のパイカス///

パイカス(PiCas)は、パイレーツ・カヌーの後ろの男3人で、方々に寄生しながら、ベス、サラ、キャッシーの育休復帰を待ちつつ活動中。

当面の予定は未定。


<終了>

11/27(土)ペーパームーンの夜 

蠣崎未来、PiCas 音凪(大阪)


パイカスのスタートは、岩城くん選曲のセンチメンタル・シティ・ロマンス「ステキッスキップ」から。ほぼインストで。僕らと何度かいっしょに遊んでくれた督さんに感謝。

(photo by 音凪さん)

もちろん未来ちゃんにはたっぷり寄生。
3月に未来ちゃんの歌を聞いて好きになった青谷さんの曲も寄生曲に加えてもらえて嬉しい。「トゥールルッ」とカマボコ野郎が幸せなのがいいのだ。
で、音凪のごはん美味かったです。


11/28(日)マジカルコネクション vol.97
蠣崎未来&パイカス 鑪ら場名古屋
名古屋の山本さんのイベントに呼んでいただいた。vol.1にはパイカス抜きのパイレーツ・カヌー(女子トリオ)が出演したのだそう。鑪ら場は、また来たくなるようなよい感じの場所で、サイズ感もばっちり。
(photo by まっつんさん)

印象に残ったこと。よっぴんさんのベース、アジマくんの「古びたギターがありまして・・」、冬支度さんのお葬式の歌、りきさんのセンチの話、千ちゃんの大あん巻き・・・、楽しい打ち上げ。

(photo by 山本さん)


両日とも満員御礼で、皆様、ほんとにありがとうございました。

この蠣崎未来&パイカスをもってパイカスの年内のライブが終了しました。


2021年の宿主様(敬称略)は、リーテソン、蠣崎未来、スーマー、カサスリム、三木康次郎&楠木達郎(THE HillAndon)、長野友美、杉瀬陽子の各氏でした。


来年以降もどうぞよろしくお願いいたします。パイレーツ・カヌー本体でも何かできるとよいな。

2021年11月2日火曜日

「ブリブリ」

 寒くなってきたし鍋もいいな、ウチに大根と白菜と豆腐があるな、誰かがブリの照り焼きの話をしてたよな、よし、今夜は奮発してブリしゃぶに決まりである。

すっかりその気になって買い物に行こうとしたちょうどその時、奥さまからKYKのヘレとんかつ弁当とかきフライ海鮮弁当を買ったと連絡が入る。フライものも豪華でよいのだけれど・・次こそは・・と思うのでした。

ベースのじゅんです。本当にどうでもいいことですみません。チャンスはまた巡ってくるものだよ、という例え話にもなりません。


さて。

早速、そんな日常に即した曲をリクエストしましょう。

Louis Jordan - Saturday Night Fish Fry

ううむ。ビートが強烈で演奏の切れも凄まじく、食卓のエビフライからかけ離れる気がします。

ブリの方も是非。

RAMONES - Blitzkrieg Bop

ブリの激情、ブリッツクリーグ・バップ。みんなが大好きな電撃バップ、愛らしさもあって絶品です。


いつだったか「ゴキブリの動きぶり」というニプリッツのヒロシさんのダジャレに反応できなかったことを思い出しました。すみません。コミュニケーション能力は未だ低迷中なのです。


とかなんとかブリブリ言うてると奥さまに叱られそう。


では最後に。久しぶりにエディ・ブリケルの歌声を聞きたくなったので。

The Gaddabouts - Good Day

スティーヴ・ガッドやピノ・パラディーノといった手練れによるリラックスしたエイトビートもよいですね。



///当面のパイカス///

パイカス(PiCas)は、パイレーツ・カヌーの後ろの男3人で、方々に寄生しながら、ベス、サラ、キャッシーの育休復帰を待ちつつ活動中。

11/27(土)ペーパームーンの夜 

蠣崎未来、PiCas 音凪(大阪) 

https://twitter.com/otonagi2011/status/1450008317036675072


開場18:00 開演19:00 行政からの要請で変更あります。 チャージ2500円+1ドリンク(別途要)

10周年の音凪で未来ちゃんと。パイカス単独の演奏もあるようです。


11/28(日)マジカルコネクション vol.97
蠣崎未来&パイカス 鑪ら場名古屋

<終了>

10/23(土)ムジカでPiCasと女神たち〜杉瀬陽子×長野友美

杉瀬陽子、長野友美、PiCas @ ムジカジャポニカ(大阪)

https://twitter.com/musicajaponica/status/1451883316697722885

杉瀬さんに寄生するのは初めてで、会うのは3年ぶり。2018年10月に杉瀬陽子トリオとスチョリくんとパイカスでラーメンを食べに行きました。

一方の長野さんは、その2ヶ月前が初寄生で、今年8月に3年ぶりの再寄生、これが3度目。長野さんと行った焼き鳥屋よかったな。

お二人に絡むことができた幸福な1日でした。コロナ禍に流されながらも巡ってきた機会。名曲多数。企画してくれたムジカせえぽんに感謝します。少し余計めに飲ませてもらいました。

みなさま、ありがとうございました。

2021年10月19日火曜日

「ミルとリフレッシュ」

人心地がついた日曜日のことを書きとめておこう。
早起きして、風呂に入って、コーヒーを淹れて、朝からパイカスの稽古に行って、帰宅する。
ベースのじゅんです。


帰着前、東の空を見ると大きな虹がかかっていた。

何かを心配することのない日だったな、動かしづらかった指もこましになったな、と思うと気分は上々。リフレッシュなのだ。


京都新聞が立派な虹の写真をアップしていました。

https://www.kyoto-np.co.jp/articles/gallery/659931


夕飯前に常用のコーヒーミルを修理する気が起きた。

又釘の穴がバカになって底板が外れるので丸釘をおそるおそる打ち込む。底面に出ている釘の頭をフェルトで隠す。たったそれだけで満足感。


取得経過(借りパクか?)はよく覚えていないけれど学生寮にいた頃からの付き合いで、ボロくても新調する気になれず。

今後もだましだましやっていける程度にリフレッシュ。


ミル。

ということで、この人たちの演奏をリクエストしましょう。

The Mills Brothers - Tiger Rag

芸達者ぶりが素晴らしい。また年明けの正月休みにでも聞こうかな。その頃の気分はどうだろう。

まずはこの週明けですな。



///当面のパイカス///

パイカス(PiCas)は、パイレーツ・カヌーの後ろの男3人で、方々に寄生しながら、ベス、サラ、キャッシーの育休復帰を待ちつつ活動中。

10/23(土)ムジカでPiCasと女神たち〜杉瀬陽子×長野友美

杉瀬陽子、長野友美、PiCas @ ムジカジャポニカ(大阪)


「!」なカップリング企画におじゃまします。杉瀬さんには昨年のヨーコの日(4/5)の企画が流れたりしたので初寄生、長野さんには8月に続いての寄生となります。楽しみだ。


17時開場/18時開演 前3500円/当4000円(D別)
限定30名ライブです


11/27(土)ペーパームーンの夜 

蠣崎未来、PiCas 音凪(大阪) 

https://twitter.com/otonagi2011/status/1450008317036675072


開場18:00 開演19:00 行政からの要請で変更あります。 チャージ2500円+1ドリンク(別途要)

10周年の音凪で未来ちゃんと。パイカス単独の演奏もあるか。


11/28(日)マジカルコネクション vol.97
蠣崎未来&パイカス 鑪ら場名古屋

<終了>
あるアニメ映画の音楽制作にパイカスでアレンジや演奏で参加させてもらいました。録音は9月上旬にラリーさんのマザーシップスタジオにて。作品の完成はもう少し先になるのかな。



(photo by コッフェさん)

2021年9月11日土曜日

「チャリでコロコロ」

 最近は仕事も買い物もたいてい歩いていく。で、久しぶりに自転車に乗ろうとしたらタイヤの空気が抜けていた。

ベースのじゅんです。

夏の終わりが見えると気がしぼむ。いかんな。空気入れをグングン押す。20年もののママチャリでゴー。機動力あるね。まだ暑いではないか。日なたを避けてビルの陰へ。


ライブハウスにチャリで行く。緊急事態宣言下で酒類は提供されない。だから帰りも安心安全。全く本意ではないのだが。


先月23日は久しぶりの拾得。長野友美 with パイカス。こういう過ごし方は好きだ。鴨川でロン缶飲んで虫の話とか。「歩いていると生きた心地」というフレーズが響く。やっぱり歩くのがよいかな。

右端にちえみさん (photo by カブさん)

ご一緒したちえみジョーンズさんはブライアンのお嫁さんになりたかったそうだ。ワクチン2度打ちでツアー中。歌もギターもいい音色で、本番前に聞いた手作りギター7万円の話が面白い。

その翌々日の早朝にネットでチャーリーの訃報。どんどん増殖する。素敵なビートをありがとうって。僕もそう思います。


週末に朝食の支度をしていたらラジオからストーンズの”Get Off Of My Cloud”が流れてきた。ミックとキースも寂しかろ。

https://www.youtube.com/watch?v=Gpdfacoj_-Q


シワシワと バンカうたうか ナツのムシ 

アキがくるのさ コロコロコロナ ・・・なに言ってんだか。


では、早世した8月29日生まれの巨匠の曲をリクエスト。テーマのワクワクリズム。カッコよい。もう一人のチャーリーへ。

Charlie Parker - Bongo Beep



///当面のパイカス///

パイカス(PiCas)は、パイレーツ・カヌーの後ろの男3人で、方々に寄生しながら、ベス、サラ、キャッシーの育休復帰を待ちつつ活動中。

最近キャプテン・サラから一家全員でコロナにかかったと聞いて肝が縮みました。皆さん回復されたとのことでよかった。


11/27(土)ペーパームーンの夜 

蠣崎未来、PiCas 音凪(大阪) 

https://twitter.com/otonagi2011/status/1428636391114637322


開場16:00  開演16:30  終演19:00  閉店20:00

チャージ2500円+1ドリンク(別途要)


10周年の音凪で未来ちゃんと。パイカス単独の演奏もあるかな。
蠣崎未来&パイカスは翌11/28(日)の名古屋も決まりました。

その前に10月に大阪ムジカジャポニカで何やら「!」なカップリング企画に寄生できそう。
いずれも詳細は改めて。


<終了>

8/23(月)

長野友美 with パイカス、guest:ちえみジョーンズ(from沖縄) @  拾得(京都) 

(photo by まりさん)

屋根裏の暑い楽屋にいると拾得だなあと思う。
長野さんには3年ぶり2回目の寄生。お気に入りのフレーズが色々あって楽しい。曲の作りがよいのだ。ちえみさんにも1曲だけ寄生させていただきました。
ノンアルで20時閉店。平日の早い時間にもかかわらずご来場いただいた皆さんに感謝です。次はゆっくり飲みたいね。

2021年8月9日月曜日

「ブラジル」

セミの喧しい季節が好き。それにしてもアツいですね。ベースのじゅんです。

東京五輪のサッカー決勝戦は見応えのある試合でした。

1ー1で両者譲らず迎えた延長後半の3分、延長になって投入された快足マルコムが右からのロングボールを受けて見事に速攻を決め、ブラジルがスペインに勝利する決勝点に。


しかし、ブラジルのFWリシャルリソンの悪童のような面構えはよいな。PK外してさぞ悔やしかろう。面構えは日本のDF吉田麻也も相当なものだし、この二人のマッチアップも見たかった気がする。日本代表もかなりいい線行っていたと思います。


ところで、ブラジル国旗の中央、青い天空に散りばめられた星たちが何やら涼しげに見える。南十字星、さそり座・・と書いてみるとそうでもないけど。

こんなところに涼を求めるのもありですね。河川敷に寝転がって青空を眺めることはたまにあっても、このところ夜空を見上げるようなことはなかったなあ。


では、本日は双子座の曲を。冬の星座でクールダウン。

The New Orleans Saxophone Ensemble - Gemini Rising


今日の晩ごはんは冷や汁にしようかな。ミョーガ買ってこよ。



///当面のパイカス///

パイカス(PiCas)は、パイレーツ・カヌーの後ろの男3人で、方々に寄生しながら、ベス、サラ、キャッシーの育休復帰を待ちつつ活動中。


8/23(月)

長野友美 with パイカス、guest:ちえみジョーンズ(from沖縄) @  拾得(京都) 

開場17:00 開演17:30 です。 



3年ぶりに長野さんと。久しぶりの拾得も楽しみ。

リストアップしてくれた曲の中に「ほうき星のうた」もありました。お気に入りの一つ。子供のころにテレビでやっていたコメットさんを思い出す。

コメットさん、メキシコで人気だったそうですが、五輪サッカーのメキシコ代表も強かったなあ



8/28(土)ペーパームーンの夜 →11/27(土)に延期になりました 

蠣崎未来、PiCas 音凪(大阪) 

https://twitter.com/otonagi2011/status/1423672941456232449


開場16:00  開演16:30  終演19:00  閉店20:00

チャージ2500円+1ドリンク(別途要)


10周年の音凪で未来ちゃんと。パイカス単独の演奏もあるかな。



<終了>

7/31(土)

蠣崎未来 with パイカスsniff @ 金山ブラジルコーヒー(名古屋)

(photo by なおみさん)


創業50年のブラジルコーヒーで、未来ちゃんとパイカス。楽しい寄生のひととき。リハのときにストラップがブチっと切れて楽器が落下しましたが、悪いことは起きませんでした。

多数のご来場。手術した人、会社やめた人、結婚した人、会えて嬉しかった。元気そうで何より。共演のsniff、演奏力もあってかっこよかったし。で、コーヒー豆を買うの、すっかり忘れていたのだ。


(おまけ)

翌8/1(日)は、京都夜想へ。ヨッシーにも付き合ってもらって、久しぶりの"つれ・づれ"で、移転後の夜想にやっと行けました。

(怪しいキノコのようなヨッシーのカラバッシュ(ひょうたん))

対バンのDustの面々や、来場の方々は、昔馴染みの人たちがほとんどで、混沌としつつも、ある意味で同窓会のような気分だったかも。

これでリフレッシュしたかどうかはさておき、ここいらで、改めて気を引き締めてまいるのだよ、オレ。

2021年7月6日火曜日

「キニナール」

豪雨が上がった朝にセミの声がした。真夏が来ますよ。ベースのじゅんです。

この7月は、はなからコロナワクチンの集団接種会場だとか日本語学校だとか、注射も授業も受けたわけではないのですが、慣れない場所に行く用事があって緊張。

で、休日は、気になって仕方のなかったデビッド・バーンのアメリカン・ユートピアを見に映画館に行ってきました。

好きで出かけるのに、やはり心理的ハードルを感じるのはなぜか。不明。一人の行動で普段の散歩とあまり変わらないはずなのだけど。


しかし、これは見逃さなくて本当によかった。コンセプトもパフォーマンスも最高に素晴らしいショーでした。

音楽でいろんなことにつながること、つなげられること。タイトルの意味するところも響いてきたし、こんな演奏ができるミュージシャンに憧れ続けるんやろな、こんな仕事の打ち上げは格別やろな、などと思う。


気になるものはチェックした方がいいですね。ゴジラとコングも見たいかも。


さて。

昨年末に亡くなった黒人カントリー歌手のチャーリー・プライドのヒット曲リストに ”Is Anybody Going To San Antone” とあって、ダグ・サームが歌っていたのはこれだったのかと知りました。

では、こちらをリクエストします。オーギー!


Texas Tornados - Is Anybody Going To San Antone

この演奏を聞くといつも、子どものときに刷り込まれたCMソング(この木なんの木 、気になる気になる木)が脳内に出現するのですが、作詞/作曲の伊藤アキラ/小林亜星の両氏が5月に立て続けに亡くなって、どんどん昭和が遠のいていく。


向かう先が気になるこの頃なのです。



///当面のパイカス///

パイカス(PiCas)は、パイレーツ・カヌーの後ろの男3人で、方々に寄生しながら、ベス、サラ、キャッシーの育休復帰を待ちつつ活動中。


7/31(土)

蠣崎未来 with パイカスsniff @ 金山ブラジルコーヒー(名古屋)

http://kanayamabrazil.boo.jp/schedule/202107.html?date=20210731


8/23(月)

長野友美 with パイカス、guest:ちえみジョーンズ(from沖縄) @  拾得(京都) 



<終了>

6/27(日)

リーテソン&PiCas、THE HillAndon+イガキアキコ @ レインコート(大阪 十三)


久しぶりの十三。東口。小だるまで鳥皮とハイボール。僕は初めてのレインコート。ヒルアンドンとイガキさん。とてもよかったな。お客さんが楽しそうでした。テソンくんのときに酒井ヒロキくんが飛び入ってくれたりも。皆さま、ありがとうございました。

(リーテソン&PiCas +The HillAndon  by はいごさん)

終演後にお酒の力も借りてベース談議。シュンくんが、キング・カーティスのキングピンズにいたジェリー・ジェモットの話をしてくれました。僕は何を話したのやら。


・・・6月中頃にアレサ・フランクリンの「アメイジング・グレース」を見に行って、クワイアをバックに歌うアレサの声に思わず涙が出たり、チャック・レイニーらのバンドのプレイに見入ったりしていたのですが、

18のときに、お姉さんのアーマ・フランクリンのレコード”Piece of My Heart”(心のかけら)を先輩が聞かせてくれたこと、その演奏が大好きだったこと、ベースの音色が最高だったこと、を思い出して、

気になるのでネットで調べてみたら、ベースはジェモットだったのだと知りました。・・・


という話をしたのは覚えています。よいタイミング。


Erma Franklin - Piece of My Heart