2019年5月2日木曜日

「ハナナ」

4月に書こうと思っていたブログ、エリザベスが投稿してくれたのをいいことにゆっくり構えていたら、いつの間にか「平成」の4月が終わって「令和」の5月になっていましたが、陛下の代替わりはブログをさぼる言い訳にならないか。

パイレーツ・カヌーのライブツアー、ベスも書いていたように、具体的に決まるのはまだ少し先になると思いますが、今年の11~12月にできたらよいなと調整が進みつつあって、楽しみにしています。

ベースのじゅんです。遅れ馳せながら4月分のブログを簡単に。

4月の初めと終わりとでは周囲の生きものの様子も変わるもので、下旬にカゲロウが急に発生して、すぐにいなくなったり。サクラの花も4月の初めのひと時が旬なのは皆さん御存知のところで、こちらは愛でる人が多いですね。
虫より花、花より団子、団子より酒の順かな。たまには虫にも光を当てましょう。
さて、今年もザコのマスターに誘っていただいて花見に参加してきました。素敵な人たちとお酒の力も借りて少々交流を試みる。

誰が来るのか事前には聞かなかったけれど、去年も御一緒した留学生たちのほか、ウチの嬢や坊がヨチヨチのときに可愛がってくれたSさんやMさんがすっかりお母さんになって、それぞれのお嬢さんたちを連れて来てくれました。

「いくつ? みっつ? サンドイッチ食べてや」「このまま大きくならないでほしいなあ」「そやけどタマ○(嬢)もあっというまに大学生やで。こいつ(坊)もボクよりデカなったし・・」「え~っ? ○○くん?」などと何年振りかの近況報告にも花が咲く。

サクラの花は人と集まる口実になるのでありがたいですね。個人的には、ナノハナとかタンポポとか、モンシロチョウが寄ってくる黄色い花の方が安心ですけど。
(菜の花は好物)
では、1曲目はパイレーツのキャプテン・サラの好きなエディ・リーダーを。彼女の在籍したフェアーグラウンド・アトラクションでギタロンにやられちゃったベース弾きの方も多いんじゃないですかね。
Eddi Reader - Dandelion 

で、ウチの坊には開花に関係する名前を付けたのですが、先達のブロッサム・ディアリ(Blossom Dearie)にはかなわないかも。ハナさん。本名らしいですね。何か彼女の曲を聞きたいなあ、何がよいだろう、トゥーツ・シールマンスのハーモニカが心地よい"Pretty People"もいいなあ、などと優柔不断でいたら・・・

ブロッサム・ディアリはやめて、いまどきのレイヴン・レネーを聞けと?
まいったな、これかっこよいです。美しいアンサンブル。シカゴの若い人ならジャミーラ・ウッズが好きですが、さらに10くらい下の世代でウチの嬢と変わらない年齢。
Ravyn Lenae - Blossom Dearie (Official Video)

春の花についてもう少し書けるとよいのですが、このあたりで失礼、お許しを。
友人の○ンチンが好きだったキュートな曲を最後に。
Jonathan Richman & The Modern Lovers ‐ My Love Is a Flower (Just Beginning to Bloom)


//当面のパイカス//

パイカス(PiCas)は、パイレーツ・カヌーの後ろの男3人で、ベス、サラ、キャッシーの育休復帰を待ちつつ活動中。

6/16(日)
吉田省念×パイカス @音凪(大阪)
https://yaplog.jp/otonagi2011/archive/202

7/14(日)
スーマー&PiCas @インキョカフェ(京都)
(詳細は追って)

7/15(祝)
スーマー&PiCas @CHAKRA(大阪)
open 17:00  start 18:00
予約2,500円 当日3,000円 別途1drink

7/27(土)アサキチ2nd.アルバムレコ発ワンマンライブ vol.1
ぬかるみ天国3 & キムガンホ with PiCas @梅田Azul 
http://swamp-asakichi.com/imageinfo/1554353184506.html

9/8(日)アサキチ2nd.アルバムレコ発ワンマンライブ vol.2
ぬかるみ天国3 & キムガンホ with PiCas @なんばS.O.Ra 
http://swamp-asakichi.com/imageinfo/1554353443318.html

<終了>
4/20(土)
Kさんのレコーディングで住之江のCSEスタジオに行ってきました。とてもよい音。パイカスはアレンジと演奏を2曲担当。どんな作品になるのでしょう。
(奥のブースでイワキング)
4/28(日)
W.C.カラス with PiCas @CHAKRA(大阪)
満員御礼、楽しかったなあ。企画のジョニーさん、心地よい演奏を繰り広げた安恵駱明の先輩方、PAの岡本さん、会場のチャクラ、足を運んでくださった皆様、ありがとうございました。
カラスさんが富山、我々が京都なので、僕は久々にサンダーバードを持って参戦。パイカスの新ネタ「ターマは気まぐれ」(仮題。娘には聞かれたくないかも)も試せました。
(byはいごさん)

2019年4月19日金曜日

「鷹の鳴き声が聞こえるアトリエ」

アメリカ西海岸は、雨季が終わり(冬が雨季なのです)春の太陽とお花と鳥さんとビーチとで... 一年で一番気持ち良い季節になりました。
少しだけ花粉症もですが、日本に比べると全然マシマシです。

お久しぶりです。
ボーカルのエリザベス・エタです。

パイレーツ・カヌーは次のツアーの計画中でして、もうすぐ(?)その告知もできるのではないかと思っています。
お楽しみに。

今日は別の話。

実は昨年急に引越しをしないといけない事態がありました。
旦那と二人でアワアワしていたら、友人がとっても素敵な場所を提供してくれました。
新しい場所は旦那の陶芸アトリエ(彼は陶芸家なのです)にぴったりです。
私たちだけではもったいないのでレッスンとか、コンサートとか、楽しいイベントとかができる素敵な場所にしたい!という夢が少しずつ膨らんできました。

まだまだ始まったばかりなので、これからどうなるか分からないのですが、こうやって夢を膨らませているフェーズは楽しいものですね。

その第一歩として、旦那のデカイ窯を新しいアトリエに持ってこないといけません。
搬送の費用を集めるためにクラウドファンディングを始めました。
全部英語で申し訳ないのですが、リンク先の映像を見てもらうと、旦那の作品と新しい場所の風景と娘(可愛いでしょ)が見れます。
BGMはもちろんパイレーツ★



https://www.kickstarter.com/projects/movingapotterskiln/moving-a-potters-kiln

リターンの一つが私のソロアルバムだったり(笑)
でもほとんどが彼の作品です。
日本から支援してくださったら、郵送代が少しかかってしまいますが、シェアしてくれるだけでも嬉しいです!
目標は5千ドル、5月16日が締め切りです。

いつかいつか... ここでパイレーツのハウスコンサートができたら最高だな。
夢は見てもいいですよね!

ではでは〜

2019年3月24日日曜日

「メイキョク」

年度末。・・決して悪いことばかりではありませんが。花粉ひどいし。奥様から「私の近くで鼻をかまないで」「くしゃみがうるさい」とどやされる日々。

ベースのじゅんです。
最近、「ジューン」と歌っているのがラジオから聞こえてきてドキっとしました。僕との関わりはなくとも、音には反応してしまう。
ジョニー・キャッシュの奥様のことを思い浮かべたりもして。奥さんの後を追うようにして亡くなる・・という話も世間ではよく聞きますよね。どやされているうちが花かも。

さて。
名前が出てくる楽曲はそれこそ星の数ほどありますが、キラキラネームの場合はどうなのか。「王子様くん」や「悪魔ちゃん」は・・

そういう意味では、メジャーな名前をお持ちの方は、名曲に当たることも多いだろうし、ラッキーかもしれない。
例えばヨーロッパ系の女性なら聖母様と同じマリア、マリー、メアリとか。日本のマリさんもいいですね。素敵な人が多い気がする。

では、ここで久しぶりにブラスターズをリクエスト。ロックンロール!
The Blasters - Marie Marie
続いて。みんな大好き、樹の上のジョナサン。
Jonathan Richman - There's Something About Mary

マリずくし?
(by ミツカン)
最後です。脳内のジューンがマイティ・スパロウの"Maria"の断片を鳴らしましたが、ここは最近大人気のヒューストン(テキサス)のバンド、クルアンビンを是非とも。
よいなあ。今月3/21の大阪公演も売切れでしたね。出不精な僕も見にいきたいなあと思いました。
Khruangbin - Maria También

ここで、またもや脳内のジューンが「伝説の人物や有名人をタイトルにした名曲も多いし、次はCakeの"Frank Sinatra"が聞きたい。ノライヌのマリさんが誘ってくれたイベントのとき、ペンギンハウスでケイクが流れていたじゃないか。」と言う。
しかし、今日は、多くの人が自分のことを意識したり、知ってる人を当てはめたりできるような曲をお願いしたいので却下。

・・2、3日前に通りを南に向かって歩いていたら、逆サイドの歩道を北に歩いている巨漢のタムラくんが僕に気付いてくれたので、手を振ってみました。何年も話してないけど元気そう。 
で、ずいぶん昔にライブに来てくれて、この曲で「ひどい人ね」と連呼されて困ったような照れたような顔をしていたのを思い出したので追加します。懐かしい。
SCOOTERS - GOOD BY TAMLA

・・責められたりどやされたりしないよう気をつけないと。各自、自戒を。


//次のパイカス//

パイカス(PiCas)は、パイレーツ・カヌーの後ろの男3人で、ベス、サラ、キャッシーの育休復帰を待ちつつ活動中。
年内にベスが来日するかもしれないという噂もあり、期待しています。

さて、パイカスのライブ。少し休んでいましたが、4月はW.C.カラスさんに寄生。先日、京都で一緒に飲んで結束を固めました。楽しみです。
4/28(日)
 W.C.カラス with PiCas @ CHAKRA(大阪)


その後も、吉田省念くん、おなじみになったスーマーさん、アサキチさん(ぬかるみ天国)のレコ発、といった寄生話が入ってきていまして、大変ありがたいです。感謝。詳細は改めてお知らせいたします。

2019年2月15日金曜日

「スプリング」

春が近いのかと暖冬に油断していると急に寒くなる。少しくらい寒いのは大丈夫だし、自然の移ろいは好きなのですが、年明けから春にかけては何かと苦手な時季なので気をつけます。

ベースのじゅんです。きっと春はビヨヨ~ンと近づいてくる。
よい気分になったり、ブルーになったり、振幅が大きい方もおられるでしょう。

Dick Williams' Kidsが歌う"Sometimes I'm Happy" を聞きたいなあ。
と思ったら見当たらないようなので、イケメンなコール氏をお願いします。

さて。少し前に「世界一ときめく質問、宇宙一やさしい答え」(BIG QUESTION FROM LITTLE PEOPLE)という本を読んで、ちょっと感動したので紹介を。

小学生からの質問。
「タコはおならをするの?」「ライオンはどうして吠えるの?」。やはり生きもの関係は多い。
人類のあり方が問われる。「意地悪な人にもやさしくしなくちゃいけないの?」「科学でいちばん大切なことは?」。
「モナ・リザに眉毛がないのはなぜ?」。目のつけどころがよいですね。
もちろん宇宙も音楽も。「どうして音楽があるの?」「どんなものからでも歌は作れる?」。などなど。

世界は謎だらけ。果てないハテナ。

ポール・マッカートニー卿の答(作れる。どんなものの歌だって。「おどるゴミ箱」っていうのはどうかな。)は素っ気ないですが、その道の専門家やプロたちが真摯に回答していて素晴らしく、こんな大人に私もなりたい・・

時すでに遅しかな。先日また一つ歳を喰ったのですが、この歳になるまでにやっておけばよかったと思うこと多数。
パイレーツの女子たち、まだ子どもが小さい人は、今のうちに勉強して答えられるようにしておくとよいですね。

では、ふと心に沁みてきた曲をリクエスト。
ジョー・ストラマーがカバーしていたのを聞きたいなあと。制作途上に50歳で亡くなった遺作、『ストリートコア』の最後に収録。このアルバムかっこよいのです。
ジャケはコイルスプリング?  びょ~ん。

Joe Strummer & the Mescaleros - Silver & Gold (Before I Grow Too Old) 


//次のパイカス//

パイカス(PiCas)は、パイレーツ・カヌーの後ろの男3人で、ベス、サラ、キャッシーの育休復帰を待ちつつ活動中。

パイカスでの次のライブは4月。W.C.カラスさんに寄生。楽しみです。

4/28(日)
 W.C.カラス with PiCas @ CHAKRA(大阪)

久しぶりに大社長(中井大介)からパイカスに打診あり。夏くらいになるのかな。昨年1stアルバムSILLY POPS』をリリースしたbjons(ビョーンズ)というバンドが最近のお気に入りだと教えてくれました。よいなあ。

では、これにて。びょ~ん!!

2019年1月14日月曜日

「コソバユイ」

何かと"平成最後"というフレーズが濱発するこの頃。昭和が終わって平成元年(1989年)に消費税が3%でスタートしたこと、「一円玉の旅がらす」なんて歌も思い出した。
今年は税率が10%に上がるのだなとボヤきながら、よい年になるよう願います。

ベースのじゅんです。この年末年始はほとんど家にいてごはんの支度ばかりしていた気がしますが、長距離の散歩に奥様が付き合ってくれたとか、ポリープ切除前後の禁酒が解けたとか、ちょっとした幸せを味わいました。

正月用に上賀茂のMさんから購入した堀川ゴボウが太く立派で、嬢の好物のたたきごぼうを大量に作る。赤カブと小カブを紅白の漬け物にする。黒豆を炊く。などなど。

元日に食べ物をたくさん並べて皆で囲むのはもちろん喜ばしいことですが、前々夜あたり、奥様の就寝後に煮豚やらナマスやら作りたてを少量ずつ取ってきて、嬢や坊とだべりながら、こじんまりと宴を開くのが楽しかった。

このような楽しみは、密やかさが一つのキー。それと、大きくなった子どもらと一緒にいるときのこそばゆい感じ。これは普段コミュニケーションが取れていないからですかね。で、ダラダラ飲み続けていると「いい加減にしいや」と睨まれる。

こそばいと笑いたくなるのは何故だろう。もぞもぞと笑いたくなる衝動をそう言うのだと思いますが。

例えば、髪の毛をカットしてもらうとき、洗髪で「かゆいところはないですか?」と必ず聞かれて、その度に大丈夫ですと答えているけれども、かゆいところがあったとして、果たして美容師さんの手をその箇所にうまく誘導できるのだろうか、などと自問していると可笑しくなってきた。・・・全く年初からどうでもよい話ですみません。

きっと、こそばゆさにも色んなバリエーションがあって、こそば楽しい、こそば嬉しい、こそばかっこよい、こそばエロい・・といった言葉が実在するか知りませんが、音楽を聞いていてこそばくなることがあります。幸福感の兆しのような感じかな。

最近よく聞いたアルゼンチンのロリ・モリーナ嬢。こちょばい度数が高いですね。
エレキも良いですが、アコギの弾き語りの印象が強くて、カバーも古いエクアドルの「イパカライの思い出」から80sポップな「カーマは気まぐれ」(これも彼女からすると生まれる前だな)まで幅広い。
では「イパカライ・・」をリクエスト。美しい。確かカエターノ・ヴェローゾも歌っていました。
Loli Molina - Recuerdos de Ypacaraí

次はバハマの御大ジョセフ・スペンス。同じ生ギターと声でも全く趣が違う。1910年生まれということは日本は明治の終盤。オリジナルソングはやらなかったそうですが唯一無二な存在感です。
グレイトフル・デッドもレパートリーにしていたスピリチュアルな有名曲をリクエスト。強烈に心をくすぐられて自然とにっこり、ストレスで凝り固まった心がほぐれます。
Joseph Spence- I Bid You Goodnight

おまけ。これはかわいい。友達になりたい。 
https://www.youtube.com/watch?time_continue=14&v=T1oKjf8dDiE

それでは、年初の投稿はこのあたりで失礼。本年もよろしくお願いいたします。

//次のパイカス//

パイカス(PiCas)は、パイレーツ・カヌーの後ろの男3人で、ベス、サラ、キャッシーの育休復帰を待ちつつ活動中。

パイカスでのライブは事情により春までお休みですが、今年も素晴らしいミュージシャンに寄生させていただく予定です。まずは4月。

4/28(日)
 W.C.カラス with PiCas @ CHAKRA(大阪) 
(詳細は追って)

2018年12月8日土曜日

「パイプ」

今年もとうとう12月になってしまいました。早いなあ。特に10月あたりから時間の流れが加速しています。師走です。このまま春まで行ってしまいそう。

ベースのじゅんです。
秋の健診にひっかかって、先日、大腸の精密検査に行ってきました。誰かが言ってたような気もしますが、人間というのは口からお尻までの一本の管の周りに肉が付いている生き物なんだな、基本はミミズだっていっしょだな、と思いました。

モニターで自分の裏側を見ているとなんだか生きていることを実感。普段あまり考えない身体の部分を意識するのは大切ですよね。何を感じて機能しているのか。足の裏なんかも大事にしたいところ。

腸や食道に思いを馳せながら音楽を聴いていると、管楽器奏者なんかは、消化器官を延長して音楽をやっているような気がしてくる。
つながってるのは呼吸器か、まあどちらでもよいですね。

ということで、複数の管を操る怪人ローランド・カーク様をリクエスト。
素晴らしくファンキー。東京五輪のボランティアの話なんかも気になります。
Rahsaan Roland Kirk Quintet - Volunteered Slavery

管。チューブ。パイプ。
人と人、団体と団体を上手につなげて互いの交流を生じさせる人をパイプ役ともいいますが、僕自身は人とつながるのが得意な方ではないので、かなり恩恵にあずかっていると思います。

さて、そんなつながりを作ってくれる方々に感謝しながら、年末恒例の1年の振り返りを。

1月、2月
◎ パイレーツ・カヌー「パイレーツ・カヌーきさらぎ旅」
 ベスが来日し、1年以上空いてのライブ・ツアー。全員集合もあり、ベス&パイカス(男3人)といった珍しい形もあり。中井大介、Anya Hinkleも一緒に。次はいつだろう。
3月、4月 
◎ 映画「愛しのアイリーン」の主題歌を録音
○ マツケン&PiCas
 奇妙礼太郎くんの歌のバックをパイレーツ・カヌーが担当。ネガポジのゴローさんのリクエストにより月想のマツケンさんのバックをパイカスで。
5月 
○ 歌屋BOOTEE with PiCasで「祝春一番」に出場
○ 歌屋BOOTEE との昨年12月の拾得での初共演がCD化
6月
◎ ベスのベイビー誕生!
○ チョウ・ヒョンレとPiCas、中井大介&PiCas
 女性陣は全員がママに。男性陣はチョウくん(ラリーパパ&カーネギーママ)に寄生。
7月~9月
○ 歌屋BOOTEE with PiCas、スーマー&PiCas、長野友美とPiCas、中井大介&PiCas 
◎ パイレーツ・カヌーの録音が少し前進
◎ 映画「愛しのアイリーン」公開
 地震や台風で大変な夏でした。スーマーさんとはすっかり馴染んで京都‐名古屋‐大阪へ。長野さんとの演奏が実現、とても新鮮。大ちゃんとは東京ローカル・ホンクを拾得に迎えて。 
10月
○ 杉瀬陽子トリオ×スチョリ with PiCas「TURNEO!!!!」
○ 歌屋BOOTEE with PiCasで「命の渚コンサート」に出場
 スチョリくんのバックは面白かったな。来年の再結成あるかもしれません。
11月
○ ぬかるみ天国3 with PiCas
◎ ケヤキ家でパイレーツのホームパーティー
 パーティーにはベス&ベイビーもテレビ電話で参加。ほかのちびっ子たちが僕に構ってくれるようになりました。
12月(予定)
○ パイカス忘年会
 男3人で寂しく忘年会?作戦会議? ポリープ切除後はしばらく飲酒を禁じられますが、かけこみで酒量が増えないように気をつけよう。

パイレーツ関係、僕から見える範囲では、このような1年でした。
では、来年もパイレーツ・カヌーとオンザコーナーレコーズをどうぞよろしくお願いします。
(photo by はいごさん)
人気の動画をおまけに。これ、かっこよいですね。
Pipe Guy - House/Trance/Techno Live


年末の大掃除は排水管も忘れずに。また下剤飲まな・・

2018年11月16日金曜日

「四十にして惑わず」

いやいや夜なんかは寒くなって来ましたね、お久しぶりの岩城です。
筆不精が危うく1年を過ぎるところでした。

月日が流れるのが早い、気が付けば僕も不惑の40歳を迎えていました。
不惑とは言うものの、もちろん惑わされる事もあれば枠にとらわれる事もまだまだありますねぇ。
楽器修理の仕事をしていてもたまに予想と違う結果になった時に「なんでやねんっ!!」と物言わぬ楽器に独りでツッコんでいたりと。慣れや経験から 俺出来る! と思ってきた時にイレギュラーなヤツが来てバキバキに鼻をへし折っていく、アイツは絶対にどこかで僕を監視してるに違いない。
まあそうやって惑わされながら経験を積むしかないのでしょう、幸いにもそれを楽しめている様な気もするし。

前回、潤さんがブログにギターの修理について書いてくれました。
潤さんのブログを読んで楽器の修理を持ってきてくれたお客さんがなんと 0人 ありがとうございます!
いやいやせっかく書いてくれたんやから、てか色んなSNSやってるんやから自分で書けよって話ですよね。
って事で今回は修理のブログにします!

こちら↓

靴かいっ!!
僕も懲りないですよね。
オマエは靴修理職人ではなかろうに。
でも進んじゃいます。


ソールがボロ過ぎです。
雑な修復跡も有り、剥がれも多い。
ほぼほぼゴミです。
気に入っているので買い替えるのが当然でしょうが、期間限定品で手に入りません。
おそらくお店でソールの交換はしてくれる様な気もするのですが、自分でなんとかしてみようという邪念がムクムクと膨らんじゃいました。
前にワークブーツのソールを自分で交換した事はありますが、こいつはさすがに張り替え用のソールは市販されていません。

そこで

同じメーカーで同サイズの靴を持ってました。 
破れているので履いてなかったのですが、なぜか捨てずに置いてました。
こいつのソールはまだそんなに傷んでないので...  
使えんじゃね
と思っちゃいました。そう今回はソールの移植です、「ソールスワップ」と言うらしいです。

もう想いは止まらない。
アセトンを使ってソールを剥がします。

結構楽に剥がせました。


こちらは剥がれかけていたにもかかわらず、我の施した修復が仇となり苦労しました。

少々作りが違う事に不安の覚えつつ...
右の母体の黄色いソールもエイやっと剥がし。

元の糊跡も取り、洗剤で洗いパーツが揃いました。
もう後には戻れない、僕には組み立てる未来しかない。

中敷きにボンドを塗り、接着し。
同じくソールも。
この辺は異常な興奮状態で作業している為、写真が少ないです。
そして

完成!!
出来たよ、多分。
元のソールと横のラインが多少違うので、少し跡は残ったものの。
 

出来て嬉しかったし作業中も楽しかった、がしかし今になって思うと次にまたこの靴は修理可能なのだろうか、プロに任せたほうが結果寿命が長くなったんではとも思う。
結局、楽器の修理と同じで惑うことばかりですねぇ。